ビジネス・ブレークスルー大学大学院 自分の将来の道標となるロールモデルを見つけましょう
掲載MBA ホルダー総数
307
2018年 春修了
20名掲載
BACK
リーマンショックを機に会社に寄りかかれない時代が到来したと感じ、自分の手持ちスキルだけではこれから飯が食えなくなるだろうと考えた。
内海智仁
ヤマハ発動機㈱
現在の仕事の内容を交え、簡単な自己紹介をお願いします。
> この質問に対する他の人の回答を見る
産業用ロボットの設計技術者。新卒で今の会社に入社して10年目にBBT大学院に入学。

私は産業用ロボットの設計技術者です。普段は社内で開発業務に従事していますが、社外や海外で活動することも多いです。また、37歳にして二児の父(二人目は在学中に産まれました)でもあります。新卒で今の会社に入社して10年目にBBT大学院に入学しました。

MBA取得をしようとしたきっかけを教えて下さい
> この質問に対する他の人の回答を見る
リーマンショックを機に会社に寄りかかれない時代が到来したと感じた。

リーマンショックを機に会社に寄りかかれない時代が到来したと感じ、自分の手持ちスキルだけではこれから飯が食えなくなるだろうと考えたのがきっかけです。だからMBA、というわけではないのですが、大前学長のコラムを拝読しており昔からBBT大学院に興味があった、というのがMBA取得を考えたきっかけではあります。

BBT大学大学院に決められた理由は何でしょうか
> この質問に対する他の人の回答を見る
仕事と学びの両立が可能であるということが理由。経験に裏打ちされた講義が受講できるという点も大きな魅力。

仕事と学びの両立が可能であるということがBBT大学院に決めた大きな理由です。勉学のために収入が不安定になって、家族を養えなくなってしまうのは本末転倒ですので、この点は大きいですね。また、私は静岡県浜松市に居住しており、通わなくても遠隔で授業が受けられる点も魅力的でした。教授陣は大前学長をはじめ実務家として実績のある方々ばかりですので、経験に裏打ちされた講義が受講できるという点も大きな魅力として感じられました。

苦手な科目はありましたか?その科目は何ですか?また、それをどう克服しましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
「問題発見思考」は当初どうしようもなく不得手だった。理解できるまで何度も講義を再視聴。スクーリングで教授から直接教えを請う。

入学してすぐに論理思考が苦手なことに気づきました。なので、半分くらいの科目が苦手でしたね(笑)。「問題発見思考」などは当初どうしようもなく不得手でしたが、講義に従って真面目に演習を解いていくと、徐々にではありますが方法論が身についてきます。それでも分からなかったところは、理解できるまで何度も講義を再視聴してました。どうしてもわからなかったところは、スクーリングに出席して教授から直接教えを請いました。

一番タメになった科目は何ですか?その理由も教えてください
> この質問に対する他の人の回答を見る
RTOCS。大前研一との真剣勝負。毎週の学長解説を聞いては、悔しい想いをするが、それをバネに分析力や構想力を磨いた。

科目ではないのかもしれませんが、毎週2年間続いた「RTOCS(Real Time Online Case Study)」でしょうか。大前学長の担当科目で取り組むのですが、あの大前研一と現在進行形の問題を巡って真剣勝負ができるんです。毎週の学長解説を聞いては、悔しい想いをするのですが、それをバネに分析力や構想力を磨きました。毎回エキサイティングでしたね。クラスメートとのディスカッションの中にも気づきが多く、学び合いの精神が醸成されたように思います。

BBT大学院の教育はいかがでしたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
ここまで自分の頭の中身が変えられるとは思っていなかった。

正直、非常に満足しています。ここまで自分の頭の中身が変えられるとは思っていませんでした。2年前に比べて脳を巧く使えるようになったと思います。知識も蓄えましたが、それより脳の使い方ですね。体に例えるとストレッチを続けた結果、より柔軟になったという感覚に近いと思います。

また、同級生からも刺激を受け続けた二年間でした。優秀でモチベーションの高い方が多く、いい加減な事を書くと容赦のないツッコミが入ります。お蔭で緊張感を維持して、二年間が過ごせました。

仕事・家族(プライベート)・学びをどうバランスさせましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
徐々に処理能力が向上するためか残業時間は減少。その分、早めに帰宅し、家族が寝静まった後に勉強した。

在学中も仕事は忙しかったですが、徐々に処理能力が向上するためか残業時間は減少しました。その分、早めに帰宅し家族と過ごし、彼らが寝静まった後に勉強しました。犠牲になったのは睡眠時間ですが、それが多少減っても問題ないこともわかりました。一番きつかったのは一年次の前期ですが、入学直後でアドレナリン分泌量が多かったお蔭か?気合で乗り切れました。

BBT大学院で学ぶにあたって一番苦労した点を教えてください
> この質問に対する他の人の回答を見る
家庭・仕事との両立。モバイル受講環境を整備してスキマ時間に勉強するように。仕事は有給休暇を使って何とか乗り切った。

家庭・仕事との両立です。睡眠時間を削っても時間が足りなくなってしまったので、モバイル受講環境を整備してスキマ時間に勉強するようにしました。それでもレポート提出期日前などはどうしようもなく、家族との時間が取れなくなってしまう場面もありました。仕事は有給休暇を上手く使って何とか乗り切りました。

学んだことが実践でどう活きていますか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
会議などで説得力が増した。発想や構想といった点でより幅広く柔軟に考えられるようになり、打ち手の選択肢が増えた。

論理的に考えて行動するクセが付きました。会議などでは説得力が増したと思います。また、発想や構想といった点でもより幅広く柔軟に考えられるようになり、打ち手の選択肢が増えました。結果、業務時間を押さえつつアウトプットを高められるようになり、ワークライフバランスが改善しました。職場で過ごす時間が減少したことで、かえってモチベーションは高まり、良い循環を生み出していると感じます。

BBT大学院はあなたにどのような変化をもたらしましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
普通に社会人をやっていたのでは得ることのできない強力な人的ネットワークを得ることができた。

学費を払ったので、家計には厳しい変化がありました(笑)。しかし、それ以上に得たものは大きいです。まず、頭の使い方が格段に巧くなりました。また、を高く持つことができるようになりました。強力な人的ネットワークを得ることができました。特に最後の強力な人的ネットワークは普通に社会人をやっていたのでは得られなかったものでしょう。同窓生らと末永く切磋琢磨し合える関係を築けたことは、大きな財産です。

今後の夢や目標をお聞かせください
> この質問に対する他の人の回答を見る
本学で一流のビジネスパーソンの在り様に触れ、今後の人生のヒントを得た。そこを糸口に切り拓いていきたい。

これからはグローバルに通用する人材に成長したいと思ってます。BBT大学院で培った問題解決能力は世界で通用しますので、あとは語学力を磨きたいですね。また、どのような形になるかわかりませんが、社会貢献活動をやっていきたいです。本学で一流のビジネスパーソンの在り様に触れる機会をたくさん得ました。今後の人生のヒントを得ましたので、そこを糸口に切り拓いていきたいと思います。

最後に、入学を検討している方に一言お願いします
> この質問に対する他の人の回答を見る
実務家を中心とした教授陣らの講義には説得力があり、一般の大学院とは異なる味わいがある。「卒業生ネットワーク」はMBAの醍醐味。

ほとんどの人はオンラインによる遠隔教育を受けたことが無いはずです。リアルな対面型の授業と比較すると長短あるのですが、学習に際し場所と時間の制約を受けない点が短所を補ってあまりあります。実務家を中心とした教授陣らの講義には説得力があり、一般の大学院とは異なる味わいがあります。MBAの醍醐味の一つである「卒業生ネットワーク」もアルムナイ組織を中心として強固なものがあり、不安はありません。これを読んでくださった方が我々の後に続いて学習の扉を開き、アルムナイの一員となってくれる日を楽しみにしています。

パーソナルデータ
条件を変えて検索する
専攻/コース
経営管理専攻
性別
男性
文系/理系
理系
年代(入学当時)
30代
業種(入学当時)
機械・重電
職種(入学当時)
技術・設計
学ぶ目的(入学当時)
起業/新規事業
都道府県(現在)
静岡県
説明会参加
参加しなかった
入学年次
2011年 春期
役職(入学当時)
役職なし
在学中の学習時間(1日あたり)
3時間
業務終了時間(入学当時)
19:00~20:00
仕事の忙しさ(入学当時)
比較的多忙でした
卒業にかかった年数
2年
在学中・卒業後の変化
年収が増えた
条件に似たロールモデル
三五和磨
20代
株式会社ザイマックス
業種
不動産
職種
総務・人事・資材・購買
ビジネスマンとしての土台作りは早ければ早い方がいい
片山智咲子
30代
ITベンチャー
業種
情報処理・SI・ソフトウェア
職種
技術・設計
不安・不満・不足の3つの「不」がきっかけ。
川﨑稔
40代
中堅広告代理店
業種
放送・広告・出版・マスコミ
職種
編集・編成・制作
企業の本質的な問題を理解できないと適切な提案ができない。
草間栄一
50代
大手自動車メーカー
業種
自動車・運送機器
職種
企画・調査・マーケティング
「このままでは何かまずいぞ」という強い危機感。