ビジネス・ブレークスルー大学大学院 自分の将来の道標となるロールモデルを見つけましょう
掲載MBA ホルダー総数
338
2019年 春修了
15名掲載
BACK
中小企業経営者へアドバイスしているうちに、果たして自分の強みはあるのかと自問自答した。自分の強みを磨くためにMBA取得を考えた
原秀治
経済団体(公益法人)
現在の仕事の内容を交え、簡単な自己紹介をお願いします。
> この質問に対する他の人の回答を見る
中小企業支援機関で経営者に経営アドバイス業務に携わった後、経営コンサルタントとして独立

私は、BBT大学院卒業までの17年間、中小企業支援機関で中小企業経営者への経営アドバイス業務に携わっていました。現在は、経営コンサルタントとして独立。BBT大学院の姉妹校でもあるオーストラリアのボンド大学院卒業生(MBA)が経営する経営コンサルティング会社の代表パートナー(シニアコンサルタント)を兼務しながら、プロコンサルとしての新たな人生をスタートさせることができました。

MBA取得をしようとしたきっかけを教えて下さい
> この質問に対する他の人の回答を見る
経営者にアドバイスしているうちに、自分の強みを真剣に磨かなければと考えた

BBT大学院入学当時、中小企業支援機関で経営アドバイザーとして経営支援に取り組んでいました。日々の経営支援業務の中で、支援企業の経営者に対して、「当社の強みは何ですか?業績を改善するには強みや特徴づくりが重要ですよ。」などのアドバイスを行っている中で、アドバイスしている自分(私)は、強みはあるのか?と自負するようになりました。「人のふり見て我が振り直せ。」という諺があるように、自分も強みを磨かなければと真剣に思い、実務重視の学ぶ場所を探していたところ、BBT大学院を知り入学を決意しました。

BBT大学大学院に決められた理由は何でしょうか
> この質問に対する他の人の回答を見る
経営コンサルタントのプロに学び実務に活かしたいという強い想いがあった

国家資格を勉強することを考えた時期もありましたが、テキストや問題集の知識重視型の学びではなく、経営者や経営コンサルタントのプロに実践的かつアプローチ手法などの考え方を学ぶことで、できるだけ、実務に活かしたいという強い想いがありました。大学時代には、大前学長の著書を読み、深く感銘したことを今でも覚えています。それと、私のように地方に住んでいる者では、通学が困難でありサイバーを通して実践的に学ぶことができるBBT大学院が、最適なビジネススクールだったからです。

苦手な科目はありましたか?その科目は何ですか?また、それをどう克服しましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
ファイナンスが唯一苦手だった。演習や小テストを繰り返すことで苦手意識を克服した

ファイナンスが唯一の苦手科目でした。但し、カリキュラムの内容が演習や小テストが適度にあり、演習や小テストを繰り返すことで理解が深まり苦手意識を克服することができました。NPVの重要性など最重要課題を中心に説明して頂けたので、今でもNPVの考え方を忘れずにいます。

一番タメになった科目は何ですか?その理由も教えてください
> この質問に対する他の人の回答を見る
本には書かれていない大前学長の発想法が学べるイノベーション

多くの科目が実務的で活用度合いが高い(タメになっている)のですが、一番タメになっている科目は、私が好きな分野ということもありますが、イノベーションです。イノベーションの重要性や言葉は日常で良く聞くのですが、イノベーションに関する書籍は比較的に少なく学ぶ機会が余りない科目であると思います。その点、BBT大学院では、本には書いていない大前学長のイノベーションの発想法(パターン)が学べるので、これほど貴重で参考になる科目は他にはないと思います。

BBT大学院の教育はいかがでしたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
働きながら学ぶにはオンラインが最適。テキストベースでの議論が現代社会に非常に役立つ

働きながら学ぶには、通学よりもサイバーを通しての学習の方が、効率が高いと思います。対面でのディスカッションも大切であると思いますが、メールの場合では、考えをまとめ整理し、文面として相手に伝える力も身につくので、現代のビジネス社会においては、メールでのやり取りの場は多く、非常に役に立っています。知識は時代の流れと共に陳腐化したり、記憶が薄らいでいきますが、考えるスキルは、時代の変化に柔軟に対応できる強力なスキルであり、BBT大学院の教育スタイルは、今後の日本や世界の見本となることは間違いないと思います。

仕事・家族(プライベート)・学びをどうバランスさせましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
趣味や無意味に遊ぶ時間削って、学習時間を捻出した

私の場合は、趣味を一時(2年間)中止させ、できるだけ無意味に遊ぶ時間は削減しました。ただし、スピード感のある方なら、仕事とプライベートを上手にクリアすることができると思いますので、仕事、家庭、プライベートのバランス配分は人それぞれで良いと思います。それに、無理して2年での卒業でなくても良いと思います。体(健康)や家庭、友人関係などを壊すようでは、BBTで学ぶ意味はなくなると思います。

BBT大学院で学ぶにあたって一番苦労した点を教えてください
> この質問に対する他の人の回答を見る
時間の活用方法に苦労した。隙間時間を活用する方法を覚え、安定して学習できた

時間の活用方法です。1年次の半年は、講義聴講や課題提出に追われた状況でした。1年を過ぎる頃には、少しの時間でも空いた時間を有効活用することを覚え、比較的に安定して学ぶことができました。私はエアキャンパスと向き合うのは、夜と休日が中心でしたが、できれば、朝方志向の勉強スタイルにした方が良いと思います。(朝方の学生さんの意見が多いようですので)

学んだことが実践でどう活きていますか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
周りの意見に流されずに、本質的問題の発見や解決策の立案ができている

入学までは、思いつきや周りの意見に流されて結論を急いでいましたが、今では、本質的な問題は何なのか?失敗や成功の原因は?発散と収束による解決策の立案、そして実行による検証を繰り返すことで、業績の向上と自分なりのスキル向上を図っています。

BBT大学院はあなたにどのような変化をもたらしましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
自分の責任で自分の好きな道を選択することができるようになった

考えること、ぬるま湯から抜け出すこと、失敗を恐れないこと、とらわれない枠外での思考と発想により、体力・知力・モチベーションが高まり、自分の責任で自分の好きな道を歩み始める(ブレイクスルー)ことができました。「これこそ、本当の教育」であると心から言える学校です。

今後の夢や目標をお聞かせください
> この質問に対する他の人の回答を見る
地元九州で「問題解決とイノベーション」のスクールを設立し、イノベーターを創出する!

プロのコンサルタントとして、1社(者)でも多くの社会に貢献できるイノベーターを創り出すことをミッションに、生涯を通して問題解決とイノベーションに磨きをかけ続けていきます。そして、地元の九州で「問題解決とイノベーション」のスクールを設立して、人材教育にも取り組んでいくことが私の目標です。

最後に、入学を検討している方に一言お願いします
> この質問に対する他の人の回答を見る
卒業後の自分の姿をイメージして、新たなスタートを切ろう!

BBT大学院で学ぶ目的を忘れずに、できれば入学時に卒業後の自分の姿をイメージして、プランを立てながら学び卒業を迎えると、卒業時には新たなスタートが切り開けます。入学と卒業(MBA取得)だけでなく、新たな何かを探究し実行に結びつけて頂きたいです。どうぞ、体調には気をつけて、思いっきりエアキャンパスで弾けて下さい。

パーソナルデータ
条件を変えて検索する
専攻/コース
経営管理専攻
性別
男性
文系/理系
文系
年代(入学当時)
40代
業種(入学当時)
その他
学ぶ目的(入学当時)
実務能力
都道府県
大分県
説明会参加
参加しなかった
入学年次
2012年 春期
役職(入学当時)
専門職
在学中の学習時間(1日あたり)
3時間
業務終了時間(入学当時)
18:00~19:00
仕事の忙しさ(入学当時)
比較的余裕がありました
卒業にかかった年数
2年
在学中・卒業後の変化
起業した
条件に似たロールモデル
松永智行
40代
日系大手製薬企業
業種
食品・医療・化粧品
職種
情報処理・情報システム
IT+問題解決力のプロフェッショナルを目指したい
鈴木健
30代
大手教育サービス
業種
教育・人材サービス
職種
企画・調査・マーケティング
社会人10年目の「慣れ」。さらなる成長機会を社外に求めた
大原達朗
30代
大原公認会計士事務所
業種
コンサル・会計・法律関連
職種
経営
いわゆるサムライビジネスの将来が暗いことを薄々気付いて、迷っていた。
外川元太
20代
外資系コンサルティングファーム(Big4)
業種
コンサル・会計・法律関連
職種
経営
世界で戦える経営スキルの取得を目指して