ビジネス・ブレークスルー大学大学院 自分の将来の道標となるロールモデルを見つけましょう
掲載MBA ホルダー総数
307
2018年 春修了
20名掲載
BACK
実務経験の少なさや経営全般の知識不足を痛感。迎える節目の時期、やるなら今と感じた。
大川修
国内化粧品メーカー
現在の仕事の内容を交え、簡単な自己紹介をお願いします。
> この質問に対する他の人の回答を見る
多くの部署を経験し、現在はIRに従事。

国内の化粧品会社でIRの仕事をしています。 入社後に営業を経験した後、広報、社長室を経て、2012年に今の部門に異動となりました。 現在は、国内外のアナリストや機関投資家との取材対応、アニュアルレポートや株主通信(事業報告書)等のIRツール作成、個人投資家向けイベントの企画立案などに携わっています。

MBA取得をしようとしたきっかけを教えて下さい
> この質問に対する他の人の回答を見る
仕事にやりがいを感じる一方で、実務経験の少なさや経営全般に関する体系的な知識の不足を強く感じていた。

もともと企業経営に関心がありました。これまでも経営に近い部門で仕事をしてこられた点についてはやりがいを持てていたのですが、その一方で、実務経験の少なさや経営全般に関する知識を体系的に身につける必要性を強く感じていました。また、入社して10年が経っていたことや子供が生まれ父親になるなど、公私ともども節目の時期を迎えていたこともきっかけになりました。

BBT大学大学院に決められた理由は何でしょうか
> この質問に対する他の人の回答を見る
左脳的な論理思考と右脳的な発想力がバランス良く身につけられる。

社内にもビジネスリーダーの育成を目的とした研修はあったのですが、転職経験が無かったので、できるだけ様々なバックグラウンドを持った異業種の人たちの中で学びたいと考えていました。

その中でBBT大学院を選んだのはカリキュラムが充実していたからです。大前学長をはじめとしたビジネスの第一線で活躍する教授陣から体系的に経営知識を学べることはもちろんですが、それ以上に「問題発見思考」や「問題解決思考」、「イノベーション」といった左脳的な論理思考と右脳的な発想力がバランス良く身につけられる内容に魅力を感じました。

苦手な科目はありましたか?その科目は何ですか?また、それをどう克服しましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
コーポレート・ファイナンス。学びを自社のケースに置き換えて考えることで理解。

強いて挙げるとしたら「コーポレート・ファイナンス」です。今でこそ業務上必要な知識となっていますが、在学当時はまったく未知の分野でしたので苦労しました。 私の場合は、講義で習った内容を身近な自社のケースに置き換えて考えるようにして理解を深めていきました。

一番タメになった科目は何ですか?その理由も教えてください
> この質問に対する他の人の回答を見る
卒業研究。本質的な問題の発見から解決策の立案に至る案で、細かく指導を受けることができた。

「卒業研究」です。BBT大学院では、卒論として事業計画を作成しますが、これまで学んだ全てのことを活かす集大成と言えます。私の場合、指導教授が「問題発見思考」の斎藤顕一先生だったこともあり、本質的な問題の発見から解決策の立案に至るまで、思考プロセスにおいて細かく指導していただくことができました。

卒業研究では自分自身のプランを形にするために思い入れが強くなり、自分に都合の良いファクトを収集してしまいがちになってしまうのですが、「ファクトの積み重ねから言えることは何なのか」、「まずは大きなところから流れで考える」といった問題発見やPSAの基本を再確認しながら進めることができました。 また、卒研の途中には全体のストーリーをピラミッドストラクチャで文章化するという過程があるのですが、その文章をチェックしていただいた照屋華子先生によるロジカルライティングの指導も卒研を完成させる上で大変参考になりました 。

BBT大学院の教育はいかがでしたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
ファクトに基づいたディスカッション。発言を通じて、自分の考えが深く多面的になっていくことを感じた。

AirCampusでの発言には、議論を発展させていく上で発言の根拠となるファクトをしっかりと提示することが求められます。最初はファクトの収集に時間がかかったり、場合によってはファクトを見つけられずに試行錯誤することもありましたが、徐々に慣れてくるに従い、発言を通じて自分の考えが深く多面的になっていくのが実感できるようになりました。また、サイバー大学院とはいいながらも、スクーリングや学生同士でのグループワークなどを通じて直接学び合う機会も少なくなかったので、大変満足のいくものでした。

仕事・家族(プライベート)・学びをどうバランスさせましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
在籍期間をフルに5年利用。学習スケジュールの工夫もし、全体のバランスを。

この点についてはあまり参考にならないかもしれませんが、私の場合は在籍期限をフルに5年間活用していたので、仕事やプライベートとのバランスをとることは比較的容易にできました。年間の学習スケジュールも事前に提示されますので、それに基づいて家族行事や仕事の段取りを調整すればバランスをとることは十分に可能だと思います。

BBT大学院で学ぶにあたって一番苦労した点を教えてください
> この質問に対する他の人の回答を見る
5年間学び続けることに対するモチベーションの維持。

逆に、この点については在籍期限をフル活用したことが裏目となってしまった面もあるのですが、卒業までのモチベーションを持続させるのに苦労しました。 1年次終了時点で、講義内容とそのボリュームの多さから消化不良を起こしていると感じたため、2年次からは自分のペースで講義を選択しながら学んでいく方針に切り替えたのですが、時間をかけてじっくりと学ぶことができた反面、結果的に多少間延びしてしまった感は否めませんでした。

学んだことが実践でどう活きていますか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
客観的事実に基づいた主張ができるようになり、説得力が増した。AirSeachという副教材でBBTのコンテンツを自由に視聴し、予備知識を得て自分の業務に即役立てることができた。

思い込みではなく、客観的な事実に基づいて自分の考えをまとめ、主張ができるようになりました。まだまだ発展途上ですが、入学前と比べると、相手に対する説得力が増し、意見を受け入れてもらえることが増えてきました。 また、仕事で必要な情報収集にAirSearchをよく活用していました。AirSearchではこれまでにBBTで放映されたコンテンツを自由に視聴することができるので、予備知識を得るのには最適でしたし、自分の業務に直結して役立てることができました。 BBT大学院生(本科生)であれば誰でも使うことができます。

BBT大学院はあなたにどのような変化をもたらしましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
思考停止に陥らない。考え抜いて自分の結論を導き出す力が身についた。

どのような問題に対しても思考停止に陥らずに、ファクトとロジックを基に仮説を立て、自分なりの結論を導きだすことができるようになりました。 また、在籍期間が長かったこともありますが、BBT大学院にはかなりの時間をかけることができたので、日常生活の中で学習する習慣が自然と身につきました。

今後の夢や目標をお聞かせください
> この質問に対する他の人の回答を見る
当面は英語の習得。学べば学ぶほど気がつく自分に足りない知識やスキル。ひとつひとつを乗り越えたい。

将来的には経営の意思決定に関わる仕事をしてきたいと考えていますが、当面の目標としては、業務の面でも必要性が高くなっている英語の習得に取り組んでいます。 BBT大学院入学以来、学べば学ぶほど自分に足りない知識やスキルの多さに気づかされているのが現状ですが、将来の目標に向けてひとつずつ自分の課題をクリアしていきたいと思っています。

最後に、入学を検討している方に一言お願いします
> この質問に対する他の人の回答を見る
自らの成長に喜びを感じられるすべての人へ。

自らの成長に喜びを感じられる人にとっては最高の環境がBBT大学院には揃っています。入学の理由は人それぞれだと思いますが、きっと期待している以上のものが得られると思いますので、入学を検討されている方は是非チャレンジしてみてください。

パーソナルデータ
条件を変えて検索する
専攻/コース
経営管理専攻
性別
男性
文系/理系
文系
年代(入学当時)
30代
業種(入学当時)
食品・医療・化粧品
職種(入学当時)
経営企画・広報・宣伝
学ぶ目的(入学当時)
体系的な経営スキル
都道府県(現在)
神奈川県
説明会参加
参加した
入学年次
2008年 春期
役職(入学当時)
役職なし
在学中の学習時間(1日あたり)
2時間
業務終了時間(入学当時)
19:00~20:00
仕事の忙しさ(入学当時)
比較的余裕がありました
卒業にかかった年数
5年
在学中・卒業後の変化
年収が増えた
条件に似たロールモデル
是本健介
30代
大手自動車メーカー
業種
自動車・運送機器
職種
研究・開発
将来的に経営戦略に携わるための準備をしたい。
河合利夫
40代
食品メーカー
業種
食品・医療・化粧品
職種
営業・販売
将来経営に携われるような人材になりたいと思い、MBA取得を目指した。
八並新一
40代
中小製造メーカー
業種
製造業
職種
営業・販売
覚える学問から、考え抜く学問で、未来を創造する学びの場での学習
山下彰
30代
機械メーカー
業種
製造業
職種
技術・設計
良いものをつくれば売れる、は本当か?