ビジネス・ブレークスルー大学大学院 自分の将来の道標となるロールモデルを見つけましょう
掲載MBA ホルダー総数
338
2019年 春修了
15名掲載
BACK
情報システムを導入するときに、経営課題を理解してシステム化要件の優先順位をつけられるようになりたい。
太田雅孝
東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
現在の仕事の内容を交え、簡単な自己紹介をお願いします。
> この質問に対する他の人の回答を見る
企業のお客様向けにシステム導入を支援する仕事。近年はプロジェクトマネージャ、リーダの役割。

企業のお客様向けにシステム導入を支援する仕事をしています。主な取扱商材はSAP ERP、生産/販売/原価管理パッケージMCFrame、グローバル会計ERPのA.S.I.A.です。近年はプロジェクトマネージャ、リーダの役割をいただき、システム導入のスコープ定義や、スケジュール、コスト、品質管理の仕事をしています。

MBA取得をしようとしたきっかけを教えて下さい
> この質問に対する他の人の回答を見る
情報システムを導入するときに、経営課題を理解してシステム化要件の優先順位をつけられるようになりたい。

経営の勉強をしたいと思った原点は、情報システムを導入するときに、経営課題を理解してシステム化要件の優先順位をつけられるようになりたいということでした。情報システムを導入するときは、多額に投資をする分、実現したいことも様々出てきます。しかし予算やスケジュールには制約があり、やりたいことに優先順位をつけ取捨選択する必要があります。この優先順位づけに、経営課題の理解が役立つと考えました。

BBT大学大学院に決められた理由は何でしょうか
> この質問に対する他の人の回答を見る
入学前に本質的問題発見コースを受講。その解説のわかりやすさと演習問題の充実度合いから、質の高い教育を受けられると感じた。

入学前に本質的問題発見コース(*1)を受講し、問題発見の流れ、情報収集や分析の方法、まとめ、論理やプレゼンテーションを学びました。その解説のわかりやすさと演習問題の充実度合いから、BBTでは質の高い教育を受けられると感じていました。仕事は出張が多かったので、時間と場所の制約が少ないことも重要な要素でした。
*1 現在の名称は「問題解決必須スキルコース」となっています

苦手な科目はありましたか?その科目は何ですか?また、それをどう克服しましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
進級条件に必要な英語スキルを身につけるのに苦労。1年目に英語学習プログラムを受講することでクリア。

科目ではありませんが、グローバリゼーション専攻の進級条件に必要な英語スキルを身につけるのに苦労しました。出願時のTOEICテスト点数は進級条件に140点不足していました。グローバリゼーション専攻では1年目に英語力を底上げするための英語学習プログラムを受講することができたので、この学習を続けることで何とか進級条件をクリアしました。

一番タメになった科目は何ですか?その理由も教えてください
> この質問に対する他の人の回答を見る
「Communication Skills for the Global Marketplace」。中国企業と英語で電話会議をする機会に役立った。

一番を選ぶのは難しいのですが、最も実践に役立っているのは、グローバリゼーション専攻2年目に受講した「Communication Skills for the Global Marketplace」です。受講後に中国企業と英語で電話会議をする機会があり、学んだことを実践したところ、会議相手ともコミュニケーションが円滑にでき、お客様にも喜んでいただくことができました。ここで学んだことは日本の会議でも役立っています。

BBT大学院の教育はいかがでしたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
BBT大学院では考える時間を長く必要とした。発言数が増える×発言内容を考える=考える時間が長くなる仕組み。

過去に学んだ小中高大の教育と比べると、BBT大学院では考える時間を長く必要としたと思います。ビジネスの問題は正解がないので、答えありきの考え方が通用しませんでした。またBBT大学院はAirCampusに投稿してディスカッションを進めますが、発言数が増える(*1)×発言内容を考える(*2)=考える時間が長くなる仕組みだったと思います。
*1 発言機会を待つ必要がない
*2 投稿履歴が残るため、リアルのディスカッション以上に真剣に考える必要がある

仕事・家族(プライベート)・学びをどうバランスさせましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
学習時間の確保は常に悩みの種。ムダ時間(目的がない時間)を省くことに努めた結果、学習時間と家族の時間が増えた。

学習時間の確保は常に悩みの種で、同級生ともよく相談していました。私はムダ時間(目的がない時間)を省くことに努めました。具体的に取り組んだことは、①時間の使い方を記録する、②自分専用PCを購入する、③通信手段を確保する、④移動時間を学習に充てる、です。この結果、学習時間と家族の時間が増えていました。仕事時間は減らそうとしましたが、結果は入学前と大して変わりませんでした。

BBT大学院で学ぶにあたって一番苦労した点を教えてください
> この質問に対する他の人の回答を見る
モチベーションを高いまま維持することが難しかった。やることをMustに絞ることで、ペースを取り戻す。

モチベーションを高いまま維持することが難しかったです。AirCampusのディスカッションは際限を設けにくく、課題もハードでしたが、慣れてくるとバランスをとることを覚えました。特にレポート等の対応がぎりぎりになると、睡眠時間が減り、学びの質が悪くなり、モチベーションも低くなるという悪循環に陥りました。このようなときは、やることをMustに絞ることで、ペースを取り戻すことが必要でした。

学んだことが実践でどう活きていますか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
以前に比べて新たな仕事に対する不安が少なくなった。様々な業種の友人と出会えたことで自分の考え方を見直す機会が増えた。

具体例を挙げると、海外と電話会議があった際に積極的に参加し、その会議をリードすることができました。少し抽象的ですが、BBT大学院の生活を乗り切ったことが自信につながり、以前に比べて新たな仕事に対する不安が少なくなったことや、様々な業種の友人と出会えたことで自分の考え方を見直す機会が増えたと思います。

BBT大学院はあなたにどのような変化をもたらしましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
時間の使い方が変わった。学びの時間が、自分を前向きな気持ちにさせるのに役立っていた。

時間の使い方が変わったと思います。在学中は必然的に、入学前に比べて机に向かう時間が長くなりました。卒業してから実感するのは、この学びの時間が、自分を前向きな気持ちにさせるのに役立っていたということです。この気づきの結果、今もテレビに向かう時間より、机に向かう時間の方が多くなっています。

今後の夢や目標をお聞かせください
> この質問に対する他の人の回答を見る
多国籍メンバーがいるチームでも、自分が役割を果たせることを実感し、チームが成果を出せるようリードしていきたい。

今は日本で仕事をしていますが、いずれは多国籍メンバーがいるチームでも、自分が役割を果たせることを実感し、チームが成果を出せるようリードしていきたいと考えています。グローバリゼーション専攻でグローバル人材に必要なスキルや訓練方法を学ぶことができたので、今後も訓練を継続し、チャンスを掴みたいと思います。

最後に、入学を検討している方に一言お願いします
> この質問に対する他の人の回答を見る
悩んでいても問題は解決しないというのは本当。

私の入学前の悩みの種は、学習時間を確保できるか、モチベーションを維持できるか、及び専攻をどうするかでした。入学を決めたのは、家族に相談して自分の考えを整理してもらい、背中を押してもらったからです。大前学長もおっしゃっていますが、悩んでいても問題は解決しないというのは本当でした。

パーソナルデータ
条件を変えて検索する
性別
男性
文系/理系
理系
年代(入学当時)
30代
職種(入学当時)
情報処理・情報システム
学ぶ目的(入学当時)
グローバル人材
都道府県
神奈川県
説明会参加
参加した
入学年次
2011年 春期
役職(入学当時)
役職なし
在学中の学習時間(1日あたり)
4時間以上
業務終了時間(入学当時)
18:00~19:00
仕事の忙しさ(入学当時)
比較的多忙でした
卒業にかかった年数
2年
在学中・卒業後の変化
昇進した
条件に似たロールモデル
石橋徹也
30代
中堅総合物流企業
業種
運輸・旅行
職種
営業・販売
実務に生かせる体系的かつ実務的な学びを得たかった
浅野純也
30代
中小企業の照明メーカー
業種
製造業
職種
経営
中国工場の総責任者に就任。さらなる成長のために学びの場を。
森琢麻
30代
株式会社M&Aクラウド
業種
食品・医療・化粧品
職種
営業・販売
人生を切り開くためのスタートラインへ
高野央子
30代
かんぽ生命保険
業種
金融・証券・保険
職種
情報処理・情報システム
システムの知識だけでは、今後会社に貢献できないと思った