ビジネス・ブレークスルー大学大学院 自分の将来の道標となるロールモデルを見つけましょう
掲載MBA ホルダー総数
313
2018年 秋修了
7名掲載
BACK
現状を打破するために、まずは自分がいる会社で成長性と新規性のある戦略や事業を立案し実現できるようになりたかった。
奥山正博
大手総合エンジニアリングメーカー
現在の仕事の内容を交え、簡単な自己紹介をお願いします。
> この質問に対する他の人の回答を見る
民間航空機用ジェットエンジンの整備に携わりプロジェクトのとりまとめを担当。海外との仕事が多い。

民間航空機用ジェットエンジンの整備に携わりプロジェクトのとりまとめを担当しています。カスタマーサービス機能、チーフエンジニアなど、広範囲の業務をカバーします。これまでお付き合いさせて頂いたお客様は海外の方々が多いです。エンジンの製造メーカーは海外の企業ですし、もともと英語が共通語のグローバルな業界。心がけていることは、大局的な観点での問題解決をすること、プロジェクトが円滑に進むようチームのメンバーが力を発揮しやすくすることです。もちろん、うまく行かずあくせくすることもありますが。

プライベートでは子供が始めた影響で軟式テニスにはまり週末は朝練などをしています。ボーイスカウトの活動をサポートするため、自称草刈りリーダーなるものを名乗り楽しく草のケアをしています。

MBA取得をしようとしたきっかけを教えて下さい
> この質問に対する他の人の回答を見る
現状を打破するために、まずは自分がいる会社で成長性と新規性のある戦略や事業を立案し実現できるようになりたかった。

入学する前はグローバルとか世界経済という視点は私には乏しかったと思います。それでも、漠然と何か不安を感じていました。今、言葉にすると、「日本経済は成長性を期待しにくく、国だけではなく企業も業績が頭打ちとなり閉塞感を抱いているところが多いのでは」といった不安だったのでしょう。漠然とした課題意識の中、自分にできることは何か考えていました。

「自分の手が届く、自分が勤務している会社で成長性と新規性のある戦略や事業を立案し実現できるようになりたい。経営的資質を身に着けることが必須だ。」そう考えてMBA取得を決意しました。

BBT大学大学院に決められた理由は何でしょうか
> この質問に対する他の人の回答を見る
様々な業界の一流の実務家教授が多く、実際の経験をもとにした講義受講と交流ができるから。

教授の方々に様々な業界の一流の実業家が多く、実際の経験をもとにした講義の受講と交流ができるということです。 次に、建学の精神の中で、開拓者精神、グローバルな視野、リーダー養成がうたわれていたことですね。

苦手な科目はありましたか?その科目は何ですか?また、それをどう克服しましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
コーポレート・ファイナンス、アカウンティング。TAやクラスメートに質問をぶつけて理解を深めていった。

「コーポレート・ファイナンス」と「アカウンティング」です。とにかく課題をこなすこと、最後までやりきることを心がけました。そのために、わからないことはTA(Teaching Assistant)にど素人であることを前置きしてから質問して理解を深めようと努めました。幸運にも、クラスメートの中にプロフェッショナルが数名いたのでいろいろと教えてもらいました。

一番タメになった科目は何ですか?その理由も教えてください
> この質問に対する他の人の回答を見る
テクニックやスキルというよりは、本質性・内面性の重要さを各科目から学んだ。

テクニックやスキルというより本質性・内面性の重要さを学んだことが役に立ちました。
「新資本論」:マクロ経済的思考による経済政策は問題解決につながらないこと
「問題発見・解決」:問題解決は人間道
「ビジネスエシックス」:心の根っこの大切さ
「起業論」:アントレプレナーシップ(起業家精神、開拓者精神)
「マーケティング」:本当にお客様のことを考えて差し上げるということ

BBT大学院の教育はいかがでしたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
すべてのコンテンツや仕組みが一体となって実践的な学びをサポートする有意義なものであった。

一流の実業家や大学教授の方々による講義、時流に乗り遅れないようタイムリーに編集されたコンテンツ、受講をサポートしてくれるTA、事務局、そしてAir Campusという遠隔教育システムが一体となった、期待を上回る有意義なものでした。

仕事・家族(プライベート)・学びをどうバランスさせましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
プライオリティはその時々で変わるもの。優先順位を決めて取り組もうとした。

これら3つのプライオリティはその時々によって変わると思います。仕事の重要な局面には最優先で臨みました。家族と休日に遊びたいときもあり日中はそれに時間を割いて、夜勉強をしようとして眠ってしまい早朝にあわててリカバーしたこともあります。それぞれの効率をあげるよう努力はしましたが、スマートにバランスさせられたという感じではありませんでした。

BBT大学院で学ぶにあたって一番苦労した点を教えてください
> この質問に対する他の人の回答を見る
時間管理。どうしても睡眠時間を調整する方向に。家族のサポートなしでは達成できない。

時間管理です。講義のスピードは毎日着実にこなしていけば何とかなりそうなのですが、そこに外乱が入り思うように行かないことがありました。どうしても睡眠時間を調整する方向に流されてしまいます。妻は朝になると「ああ、またまた寝てないんだろうなぁ」と私を観て感じていたそうです。講義や課題に時間を費やした上に、後付けで眠ってしまうので、イベントに同行しなかったり家族にはかなり負担をかけました。家族のサポートなしでは達成できませんでした。

学んだことが実践でどう活きていますか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
小規模ではあるものの、新規性の高いビジネスを立ち上げ、担当プロジェクトの進行や技術的トラブルの解決ができている。

これからもずっと磨き続けなければならないものですが、問題解決力が向上したと感じます。失敗も成功もあったのですが、小規模ですが新規性の高いビジネスの立ち上げ、担当プロジェクトの進行や技術的トラブルの解決に確実に役立っています。

BBT大学院はあなたにどのような変化をもたらしましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
ものごとを把握する枠組みや引出が多くなった。問題解決者としての自己の心の在り方の重要性への気づきも。

ビジネスをし、大学院の講義を受け、一流実業家の教授陣や異業種のクラスメートと交流し新しい刺激を受けることで、自分の中のものごとを把握する枠組みや引出が多くなりました。その中で自分と向き合い、良い面についても悪い面についても自分を知ることになります。ビジネスでもプライベートでも結局は問題を解決して行くことに尽きると思うのですが、直面している環境やプレイヤーの状況を分析把握しつつ、フェアにあるべき姿を追求するためには、問題解決者としての自己の心の在り方が重要なのだという気づきを得ました。

今後の夢や目標をお聞かせください
> この質問に対する他の人の回答を見る
新規性と成長性のあるビジネスを創出することで世の中に価値を提供し貢献していきたい。

新規性と成長性のあるビジネスを創出することで世の中に価値を提供し貢献していきたいです。本質的な問題の発見と解決ができ、プロジェクトチームの力を最大限に発揮させることができるビジネスリーダーを目指します。

最後に、入学を検討している方に一言お願いします
> この質問に対する他の人の回答を見る
自分の環境に変化を起こしたい方には、厳しい道ですがお勧め。

ビジネスの新しい方向性を探している、現状に行き詰まりを感じていてなんとか変えたい、そして、異業種の友人と議論し交流したい、時には飲んだりしたい、といった変化を望んでいる方には、厳しい道ですがお勧めします。

パーソナルデータ
条件を変えて検索する
専攻/コース
経営管理専攻
性別
男性
文系/理系
理系
年代(入学当時)
40代
業種(入学当時)
自動車・運送機器
職種(入学当時)
営業・販売
学ぶ目的(入学当時)
体系的な経営スキル
都道府県
埼玉県
説明会参加
参加した
入学年次
2008年 秋期
役職(入学当時)
管理職
在学中の学習時間(1日あたり)
3時間
業務終了時間(入学当時)
20:00~21:00
仕事の忙しさ(入学当時)
多忙でした
卒業にかかった年数
3年
在学中・卒業後の変化
変化なし
条件に似たロールモデル
遠藤功二
30代
ANZ銀行
業種
金融・証券・保険
職種
営業・販売
日本人の金融リテラシーの向上のために一役買いたい
荻野裕行
30代
外資系医療機器メーカー
業種
製造業
職種
営業・販売
人生を切り拓いていく力を身に付ける
松永智行
40代
日系大手製薬企業
業種
食品・医療・化粧品
職種
情報処理・情報システム
IT+問題解決力のプロフェッショナルを目指したい
三浦弘喜
40代
ゼネコン(総合建設業)
業種
建設
職種
総務・人事・資材・購買
総務・管理業務にも十二分に有効、かつ実践できる