ビジネス・ブレークスルー大学大学院 自分の将来の道標となるロールモデルを見つけましょう
掲載MBA ホルダー総数
306
2018年 春修了
20名掲載
BACK
良いものをつくれば売れると思い込んでいた自分。しかし、ビジネス全体を学ぶことの大切さに気づいた。
山下彰
機械メーカー
現在の仕事の内容を交え、簡単な自己紹介をお願いします。
> この質問に対する他の人の回答を見る
企画部門で新規・既存事業の戦略立案を実施。

現在、私は機械メーカーの企画部門で新規・既存事業の戦略立案に携わっています。入社当時は、技術開発に従事し、学びの機会も豊富でした。しかし、担当業務に慣れてくるにつれ、新たな学びの機会を探すようになりました。

MBA取得をしようとしたきっかけを教えて下さい
> この質問に対する他の人の回答を見る
良いものをつくれば売れる。そう思い込んでいた自分。

たまたま本屋で手に取った大前学長の「チャイナ・インパクト」を読んで衝撃を受けたことです。技術開発に従事していた当時の私は、良いものをつくれば売れるものだと思い込んでいました。学長の著書を何冊も読んでいく中で、学長からビジネス全体を体系的に学んでみたくなりました。それがBBT大学院でMBAを取得しようと思うきっかけでした。

BBT大学大学院に決められた理由は何でしょうか
> この質問に対する他の人の回答を見る
大前学長から直接学びたかった。

上記の通り、大前学長から学ぶことが第一の動機であったため、他校のビジネススクール入学は考えませんでした。BBT大学院入学前に、本質的問題発見コースを受講していたことから、さほど不安はありませんでした。念のため、入学前に説明会には参加しました。

苦手な科目はありましたか?その科目は何ですか?また、それをどう克服しましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
苦手科目も得意科目も特になし。

苦手な科目はなかったものの、特別に得意な科目もありませんでした。どの科目も受講生同士の日々のAirCampus上のディスカッションで理解は深まります。その結果、全く理解できないような難しい科目はありませんでした。

一番タメになった科目は何ですか?その理由も教えてください
> この質問に対する他の人の回答を見る
問題発見思考。物事を整理して考えるためのPSAを学ぶことができた。

斎藤先生の「問題発見思考」と大前学長が担当する全科目です。「問題発見思考」ではPSA(Problem Solving Approach)を学びました。PSAは、物事を整理して考えるための基本ツールであると認識しています。また、大前学長の担当科目ではRTOCS(Real Time Online Case Study)というBBT大学院独自のケースメソッドに取り組むのですが、毎週の課題に取り組むことで、自社の課題解決策や事業企画の立案時に応用して、自らの意見をまとめることができるようになりました。

BBT大学院の教育はいかがでしたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
様々な年齢の方々と同じ土俵で、対等議論できる環境が刺激的。

受講生が皆社会人で、さまざまな分野で実戦経験を積まれていること、年齢層も20代から60代までと幅広く、かつ同じ土俵の上で対等に議論できたことで大いに刺激になりました。また、どこでも学べることから学習期間中の転勤にも対応できることは大きな長所だと思います。

仕事・家族(プライベート)・学びをどうバランスさせましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
通勤時間と出張時の移動時間を有効に活用。

苦労しました。正直言ってバランスできなかったのではないかと思います。私は幸い、独身時代に受講しましたので、プライベートの時間を学習に当てました。特段の工夫ではないものの、出張時の移動時間や通勤時間も貴重な勉強時間になりました。

BBT大学院で学ぶにあたって一番苦労した点を教えてください
> この質問に対する他の人の回答を見る
時間管理に苦労。業務の都合に合わせて、3年計画、4年計画を視野に入れてもいいのでは。

一気呵成に学習することで途中での挫折を防止しようと思い、2年間で卒業することを目標とました。この結果、時間管理が一番苦労しました。これから入学を希望される方々は業務の都合に合わせて、3年計画、4年計画で学習するのも一案です。

学んだことが実践でどう活きていますか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
全てが日々の業務に直結。

すべてが日々の業務に直結します。例えば、企画立案する場合は、検討結果にモレや矛盾がないかの判別精度が上がります。また、在学中にAirCampus上でのディスカッションを繰り返した結果、業務上の文書作成にかかる時間も短くなりました。この他にも様々な実務レベルで効果を感じています。

BBT大学院はあなたにどのような変化をもたらしましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
経営者の視点で物事を俯瞰。継続して学び、実務経験を積み重ねることが大切。

経営者の視点で普段の業務も俯瞰して見直すことができ、アウトプットの質も上がったと感じています。また、ともに学んだ仲間を持つことで、卒業後もお互いに刺激になります。無論、卒業後も成長を続け、成果を上げるためには、継続して学ぶこと、実戦経験を積み重ねることが大切であると思います。

今後の夢や目標をお聞かせください
> この質問に対する他の人の回答を見る
さらに質の高いバリューを生み出し、継続して成長できる機会を見つけてチャレンジ。

・自らが関わる業務の中で質の高いバリューを出し続けること
・継続して成長できる機会を見つけて挑戦していくこと

上記に加えて、社内外問わずBBT大学院に少しでも興味を持っている仲間には、このカリキュラムを経験してもらいたいです。

最後に、入学を検討している方に一言お願いします
> この質問に対する他の人の回答を見る
業務に行き詰まりを感じている人、自らの能力開発に挑戦してみたい人にはお勧め。

授業料も決して小さな額ではありませんし、楽なプログラムでもありません。ただ、現在の担当業務に行き詰まりを感じている人や自らの能力開発に挑戦してみたい人にはお勧めできます。真摯にチャレンジすれば、卒業時の喜びは格別です。

パーソナルデータ
条件を変えて検索する
専攻/コース
経営管理専攻
性別
男性
文系/理系
理系
年代(入学当時)
30代
業種(入学当時)
製造業
職種(入学当時)
技術・設計
学ぶ目的(入学当時)
体系的な経営スキル
都道府県
千葉県
説明会参加
参加した
入学年次
2006年 春期
役職(入学当時)
役職なし
在学中の学習時間(1日あたり)
2時間
業務終了時間(入学当時)
19:00~20:00
仕事の忙しさ(入学当時)
比較的多忙でした
卒業にかかった年数
2年
在学中・卒業後の変化
昇進した,年収が増えた
条件に似たロールモデル
沢田徹
40代
アボット ジャパン株式会社
業種
製造業
職種
営業・販売
世界標準で競い合える実力とその証明が欲しかった。
姚摩哉
30代
英語・学力養成教室
業種
教育・人材サービス
職種
経営
育児と両立しながら、ステップアップのためにMBA取得を決意
辛承敏
30代
大手気象情報コンテンツサービス会社
業種
通信サービス
職種
技術・設計
新規事業を立ち上げるために学んでいたが、独学に限界を。
今村宗明
20代
製薬企業
業種
製造業
職種
営業・販売
周囲との差を感じ焦り始めていたとき、BBT大学院と出会った