ビジネス・ブレークスルー大学大学院 自分の将来の道標となるロールモデルを見つけましょう
掲載MBA ホルダー総数
329
2019年 春修了
15名掲載
BACK
OJTでは自身の能力アップに限界を感じ、BBTの門戸を叩いた
山澤郁実
JX金属商事株式会社
現在の仕事の内容を交え、簡単な自己紹介をお願いします。
> この質問に対する他の人の回答を見る
化学品メーカー商社にて、国内と中国の新規顧客開拓に従事

会社は工業用めっき薬品のメーカーであり、日本国内やアジアを中心に、スマホやPCや電子部品等の材料を作る工場に販売しています。私は、国内と中国の新規顧客開拓を行っており、最近は中国語を使いながら、中国向けの拡販戦略立案と拡販活動を行っています。

MBA取得をしようとしたきっかけを教えて下さい
> この質問に対する他の人の回答を見る
ビジネスに関する体系的な学びとグローバルで通用する能力を得るため

中国の現地法人に6年間駐在し、現地会社のマネジメントに携わりました。その際に、経営に関する体系的な知識や能力が不足していることを痛感しました。日本に帰国した後、それら足りないものを習得し、将来の機会に備え、MBA取得を考えました。

BBT大学大学院に決められた理由は何でしょうか
> この質問に対する他の人の回答を見る
仕事を辞めず、働きながらMBAを取れる仕組みが魅力的

仕事を辞めず働きながら勉強ができることから、今の生活環境を維持しつつ、MBAを取得できるという仕組みが魅力的でした。さらに、グローバルビジネスの分野で、最も著名な日本人の一人である大前研一氏が学長を務めていることも魅力に感じました。

苦手な科目はありましたか?その科目は何ですか?また、それをどう克服しましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
知識の浅いマーケティング関連科目には苦戦

マーケティング関連科目や、ITとマーケティングが融合した内容は、これまで自分が勉強してこなかったこともあり、勉強にはかなり苦戦しました。多くの書籍を読んで知識を増やしつつ、仕事でそれらを使うことで理解を深めました。

一番タメになった科目は何ですか?その理由も教えてください
> この質問に対する他の人の回答を見る
考え方の軸と頭の使い方を学んだ『イノベーション』

『イノベーション』では、0から1のイノベーションを生む11の発想法を、実際の課題を通して自身で頭に汗をかきながら勉強することで学びました。そのお陰で、既存の事象に対する見方が広がるだけではなく、自身の構想力の幅が広がったと感じます。

BBT大学院の教育はいかがでしたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
空き時間を駆使でき便利な反面、タイムマネジメントと高い自制心が必要

通勤の途中や帰宅後の空いた時間など、自分の都合に合わせた時間で勉強できる点が非常に便利でした。その反面、相当なプライベート時間を割く必要がある為、しっかりとしたタイムマネジメントと、それらを確実に行っていく高い自制心が必要で、苦労しました。

仕事・家族(プライベート)・学びをどうバランスさせましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
家族や周囲の理解が大事

時には仕事やプライベートの一部を学びに割く必要があり苦労しました。その際、自身の学びに対する思いを周囲にしっかりと説明し、理解を得ることで、勉強できる環境を作っていきました。

BBT大学院で学ぶにあたって一番苦労した点を教えてください
> この質問に対する他の人の回答を見る
英語必修科目が複数重なったときは目が回るほど苦労した

英語必修科目が複数集中した時は、非常に目が回る思いでした。また、提出課題も時期が重複し、一つの課題に十分な労力をかけることができず苦労しました。今となっては、理解・習得が中途半端になってしまった科目もあり、その点は悔やまれます。

学んだことが実践でどう活きていますか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
ビジネスでの戦略立案を、BBTの学びの内容を用いて実施

『問題発見思考』『問題解決思考』『現代の経営戦略』『マーケティング』などで学んだ内容を基に、中国市場向けの拡販を達成するために、包括的で実効性と効能のある戦略立案に携わっています。

BBT大学院はあなたにどのような変化をもたらしましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
世の中の事象を常にビジネス的視点で見る癖がついた

約100回やり続けたRTOCS(Real Time Online Case Study)や、様々な企業のケーススタディにより、世の中のニュースや事象に対してビジネス的な見方をすることが定着しました。そして、常に「自分が○○であれば~する」という主体的目線で物事を考えるようになったのは、大きな変化です。

今後の夢や目標をお聞かせください
> この質問に対する他の人の回答を見る
日本という枠を飛び出し、グローバルなフィールドでのビジネスを行いたい

日本社会の枠組みから飛び出し、自らの能力、知識、知恵をふる活用して、グローバルなフィールドでのビジネスを行っていきたいと思っている。そのためには、英語、中国語などの語学と、それらを使ってビジネスを行える能力は必須です。これからは、グローバルで求められる教養も身につけていきたいと考えています。

最後に、入学を検討している方に一言お願いします
> この質問に対する他の人の回答を見る
MBA取得よりもそれを使って何をするかに意味がある

MBAという学位を取得することは、自分への自信と周囲からの信用につながります。しかし、それ以上に大事なことは、そこで得た知識・スキル・人脈を駆使して、これまでできなかった何かを成し遂げ、結果を出すことです。入学を検討している方で、何か成し遂げたいけどどうすれば良いか悩んでいる方は、是非ともBBT大学院に入学してください。きっと結果を出す能力を身につけることができます。

パーソナルデータ
条件を変えて検索する
性別
男性
文系/理系
文系
年代(入学当時)
30代
業種(入学当時)
素材・エネルギー
職種(入学当時)
営業・販売
学ぶ目的(入学当時)
体系的な経営スキル
都道府県
東京都
説明会参加
参加しなかった
入学年次
2016年 春期
役職(入学当時)
役職なし
在学中の学習時間(1日あたり)
4時間
業務終了時間(入学当時)
19:00~20:00
仕事の忙しさ(入学当時)
比較的余裕がありました
卒業にかかった年数
3年
在学中・卒業後の変化
年収が増えた
条件に似たロールモデル
脇坂竜也
30代
大手外資系製薬メーカー
業種
医療・介護・福祉
職種
経営企画・広報・宣伝
自分の限界突破に挑戦し、見える世界が大きく変わりました
市村健太
20代
内資系製薬会社
業種
製造業
職種
営業・販売
自分自身、何も成長をしていないことを痛感。実践できる力をつけたかった
大嶌正悟
40代
イタリア料理モナリザン
業種
飲食・宿泊・卸・小売(商社含)
職種
経営
唯一無二の存在を目指し自分の限界にチャレンジ
井上光晴
20代
双日
業種
飲食・宿泊・卸・小売(商社含)
職種
営業・販売
新しい自分を探し、見つけるための、最高の選択肢。