ビジネス・ブレークスルー大学大学院 自分の将来の道標となるロールモデルを見つけましょう
掲載MBA ホルダー総数
307
2018年 春修了
20名掲載
BACK
自分の得意分野として、経営のスキルを身に付けたかった。そしてBBTでは人生の生き方を学んだ
柳澤明彦
大手ソリューションプロバイダー
現在の仕事の内容を交え、簡単な自己紹介をお願いします。
> この質問に対する他の人の回答を見る
コールセンターのシステム運用と業務改善に従事。問題解決志向で取り組み中

私は、自社コールセンターのシステム運用や企画などを行っています。コールセンターシステムで大きなプロジェクトがある時は、プロジェクトメンバーとして、システム導入の計画と実行を行っています。そして、私の業務の目的は、システム運用に留まらず、業務の改善や問題解決も視野に入れて行っています。
また、社外でもBBT大学院で得た能力を発揮する機会を求め、同級生と共にビジネスの問題解決をお手伝いする活動も行っています。

MBA取得をしようとしたきっかけを教えて下さい
> この質問に対する他の人の回答を見る
自分が夢中になれ、世間から認められる能力を身に付けたいと思い、経営の道を選択した

自身の現状の能力や日本の未来を鑑み、将来に大きな不安を感じていました。そのような状況で、自分が夢中になれ、世間から認められる能力を身に付けなければならないという強い危機感を持っていました。
そのような気持ちを抱きながら、自己流で勉強する中で、経営に興味があることに気が付き、MBAを取得したいと思い始めました。

BBT大学大学院に決められた理由は何でしょうか
> この質問に対する他の人の回答を見る
大前学長の著書に出会い、BBT大学院しかないと確信した

経営への興味を持ち始めた時、大前学長の著書である「考える技術」を読みました。今まで読んできた本と比較にならないくらいの勢いと説得力に圧倒されてしまいました。そして、大前研一氏について調べていき、BBT大学院の存在を知ることになったのです。
BBT大学院はオンラインの学校であること、問題解決に力を入れていることが自分に合っていると感じました。
また、卒業生のインタビュー動画を拝見したり、説明会に参加しながらBBT大学院への興味を深めて行きました。決定に際しては、他校のMBAも調査しましたが、比較検討の結果、BBT大学院がベストだと確信し、入学を決意しました。

苦手な科目はありましたか?その科目は何ですか?また、それをどう克服しましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
企業再生論でまわりの学生のレベルの高さに圧倒された

ターンアラウンドマネージャーに憧れる私としては「企業再生論」は楽しみな科目でした。しかし、受講者には知識や経験が豊富な方が多く、高度なディスカッションに圧倒され、手も足も出ない状況が続きました。成績評価にはディスカッションへの参加が多くのウエイトを占めるので、非常に苦しかったです。
想い悩んだ結果、私は高いレベルに背伸びするのではなく、自分なりの話題や論点があると考え、それを正直にぶつけてみました。結果として、他の学生から助けられ、有益な学びを得て、A評価を頂く事が出来ました。とにかく、かっこ悪いところも含めて自分をぶつけてみると、クラスから答えが帰ってきて、成長できる環境に居る幸せを感じました。

一番タメになった科目は何ですか?その理由も教えてください
> この質問に対する他の人の回答を見る
学長科目のRTOCSで、各科目で得た知識を、自分の実力として刷り込んでいった

最もタメになった課題は、毎週、企業と経営者を題材に、現在進行形の経営課題をケースとして取り上げていくRTOCS(Real Time Online Case Study)です。
非常に自由度が高い課題でしたので、アカウンティング、ファイナンス、問題解決など各科目で得た知識を実践していく場として捉えて取り組みました。結果として、学問的な知識を自分の実力として刷り込んでいく事が出来ました。
さらに、普段はAirCampusで行っている文字ベースのディスカッションを補強することを目的に、クラスメイトの有志と共にRTOCSをテーマにしたリアルなディスカッションを毎週行いました。この活動を通じて、口頭ベースのディスカッションとファシリテーションの能力も磨くことも出来ました。

BBT大学院の教育はいかがでしたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
ハードではあったが、時間を効率的に使えるシステムであった

BBT大学院の特徴を挙げると、100%オンラインで学べることだと思います。授業や課題はとてもハードでしたが、AirCampusのシステムが整っていることで、通勤時間などの隙間時間を有効に活用できました。また、ブラジル、アメリカ、中国など、海外在住のクラスメイトと共に学べたことは、オンラインの学習環境ならではの体験だったと思います。
さらに、BBT大学院の文化として、クラスの集団知を高めることが強く求められます。そこで、自分のバリューを出すために、自分の知識だけはでなく、ディスカッションのファシリテーションや、オンラインの発言を効率化するツールの開発を行いました。このような集団知を高めるための活動は、自分自身の成長になりますし、クラスメイトからも沢山の学びを得ることが出来ました。
BBT大学院の集団知を高める風土は、オンラインでありながら、クラスメイトとの結束を深められる特徴になっていると思います。

仕事・家族(プライベート)・学びをどうバランスさせましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
学びが仕事に活き、仕事が学びに活きる

当初は、仕事と学びの両立が不安でしたが「学びが仕事に活き、仕事が学びに活きる」。このような循環が出来上がり、相乗効果を産むことが出来ました。当初は、勉強時間を確保すべく、ギリギリの精神状態で立ち向かっていましたが、追い込まれた状況で考えることで、今までの限界を突破し、生活習慣が変化してきました。
そして、時には、勉強に向かうことが辛い時もありましたが、とにかくBBT大学院の図書館に行き、とにかく勉強するしかない状況を作り、勉強時間の確保に努めました。このような経験を経て、少々の負荷では心が折れないたくましさが身に付きました。

BBT大学院で学ぶにあたって一番苦労した点を教えてください
> この質問に対する他の人の回答を見る
自分なりの意見やアイディアを出し続けていくこと

RTOCSや各科目の課題で、自分なりの意見を絶えず求められてきました。これは講義内容をただ暗記するのではなく、講義から自分は何を思い、何を考えるかを問われていたと思います。
特にRTOCSは毎週取り組む事になるので、意思決定をして結論を出していくプレッシャーと戦う日常になります。
このような日常を過ごしていく中で、自分はシャワー中にアイディアが浮かぶ事が多いと分かってきました。今では自分の特性を考慮して、今持っている課題を明確にしてから、シャワーに臨むようにしています。
また、シャワー以外にも、ホワイトボードに向かっている時にアイディアが浮かぶことが多いと気付き、ホワイトボードに向かうように心掛けています。このような経験を経て、新たな自分を発見できたと思います。

学んだことが実践でどう活きていますか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
問題を解決するための論理思考と自分の意見を持つこと

BBTでは、科目の課題を通じて、FACTの収集、状況分析をした上で、最終的な自分の意見や結論を求められてきたと思います。自分の意見を出すことはとても勇気が必要なことです。しかし、数々失敗を重ねた結果、論理的なプロセスに基づいた自分の意見を安定的に出していくことが出来るようになりました。
このプロセスは、現実の仕事や私生活での問題解決にそのまま応用出来ています。正解が分からない世の中で、BBTで自分の意見を出してきた経験は、自分への自信につながりました。周りの空気に流されず、論理的に自分の意見をまとめることが、実践で活きています。

BBT大学院はあなたにどのような変化をもたらしましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
自分で道を作る力を得た

BBT大学院ではありとあらゆる課題に対して、FACTベースで状況を捉えて分析し、自分なりの意見を構築することを繰り返し行います。
このよな日々を過ごしていると、未知の分野に動じることなく、自分なりに答えを出すプロセスが構築出来るようになります。さらに、自分の結論や意見に対しては、クラスメイトから厳しい指摘にさらされるので、都度FACTの精査や分析を矯正して、柔軟に最適な答えを見つけていく心構えやスタンスを作り上げる事が出来ました。
このように、物怖じせず、思い込みや感情論に流されず、事実に基づく意見の構築が出来るようになったことが最大の変化だと思います。

今後の夢や目標をお聞かせください
> この質問に対する他の人の回答を見る
事業を興して社会に役立つ人間になりたい

BBT大学院では地に足を付け、自分の道を定め、道を進んで行く能力とパワーを手に入れたと思います。
入学以前は自分の将来の不安をなんとかしたいと思っていましたが、現在はBBT大学院で得たことを社会に還元したいと考えています。そのために、BBT大学院での学びを、まわりに伝えていく共に、自分自身で事業を興して社会に役立てていきたいと思っています。

最後に、入学を検討している方に一言お願いします
> この質問に対する他の人の回答を見る
入学して得るものがあるかは、入学後の自分次第

この文章を読まれている方の中に、MBAを目指していたり、BBT大学院に決めようか悩んでいらっしゃる方もいると思います。仕事と勉強の両立が出来るのか?BBT大学院は自分に合っているのか?など色々な葛藤があると思います。
私は入学に際して、とても不安で怖かったのですが、自分の将来に対する危機感が強かったので、勇気を出して入学してみました。
入学して分かったことは、事前にどれだけ検討してみても中身を知るには限界があり、BBT大学院で得る成果は入学後の自分の行動次第で大きく変わってくると言うことです。つまり、入学前の意思決定よりも、入学後の意思決定の方が、自分の成長に大きく影響します。
自分とBBT大学院の方向性が合っていることがおおまかに分かったら、入学後に自分はどうしたいかを考えてから、入学の意思決定をすることが最善だと思います。

パーソナルデータ
条件を変えて検索する
専攻/コース
経営管理専攻
性別
男性
文系/理系
理系
年代(入学当時)
30代
職種(入学当時)
情報処理・情報システム
学ぶ目的(入学当時)
体系的な経営スキル
都道府県(現在)
東京都
説明会参加
参加した
入学年次
2012年 秋期
役職(入学当時)
その他
在学中の学習時間(1日あたり)
4時間以上
業務終了時間(入学当時)
18:00~19:00
仕事の忙しさ(入学当時)
余裕がありました
卒業にかかった年数
2年
在学中・卒業後の変化
変化なし
条件に似たロールモデル
古尾谷智江
40代
和光堂株式会社
業種
食品・医療・化粧品
職種
営業・販売
人や会社に流されず、自分の頭で考えるための基礎を身につけたい。
田中久雄
40代
大手電機メーカー
業種
電気・電子機器
職種
生産・製造
自分の力で人生を切り開いて行けるという、過信ではない自信
石橋剛史
40代
中国上海市にある民間企業
業種
飲食・宿泊・卸・小売(商社含)
職種
経営
経営ノウハウの必要性と周りの上昇志向に影響を受けた
岐部健一
40代
準大手金融会社
業種
金融・証券・保険
職種
経営企画・広報・宣伝
職業人人生の集大成となる50代を前に、次のステップへの種まき