ビジネス・ブレークスルー大学大学院 自分の将来の道標となるロールモデルを見つけましょう
掲載MBA ホルダー総数
334
2019年 春修了
15名掲載
BACK
未来のイメージにとって必要な行動を取れる自分になるため、BBT大学院での問題発見・課題解決の学びが必要でした
河合一憲
株式会社 ビジネスパートナー
現在の仕事の内容を交え、簡単な自己紹介をお願いします。
> この質問に対する他の人の回答を見る
総合金融会社の管理職として、営業部門を統括

入学した当時は、日系の金融機関で営業支店の支店長をしておりました。現在は複数の拠点を管理し、営業部門を統括する立場となっております。
仕事を進め、組織のマネジメントをしていく中で、BBT大学院での学びで得た知識が役立っております。

MBA取得をしようとしたきっかけを教えて下さい
> この質問に対する他の人の回答を見る
MBA取得がビジネスマンとしてのレベルアップに繋がると考えた

社内でのステップアップ、金融知識の習得のみに留まらず、ひとりのビジネスマンとして様々な企業・業界でも通用する体系的な経営知識を学び、その学習を自身の仕事に生かしたいと考えました。
実際に、会計知識・組織論・問題解決力など、在学中から仕事に生かせています。

BBT大学大学院に決められた理由は何でしょうか
> この質問に対する他の人の回答を見る
「いつでも、どこでも」、オールサイバーで遠隔教育を受ける事ができる

BBT大学院の大きな魅力は、2点あります。
1点目は、時間と場所に縛られず、オールサイバーで「いつでも、どこでも」勉強が出来る事。
2点目は、最新のケーススタディを、最前線で経営に携わっている方の指導で学べること。

苦手な科目はありましたか?その科目は何ですか?また、それをどう克服しましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
苦手な科目はありませんでした。但しRTOCSは大変でした。

『経営組織論』、『アカウンティング』、『統計解析』など、全ての科目を楽しく受講できました。
あえて挙げさせて頂くなら、週単位で期限が区切られているRTOCS(Real Time Online Case Study)です。問題解決力が身に着くため最も実務に生かせるタメになった学習とも捉えていますが、仕事・プライベートのスケジュールを問わず「毎週」課題が出るので大変という印象は持っておりました。

一番タメになった科目は何ですか?その理由も教えてください
> この質問に対する他の人の回答を見る
RTOCS 「考える」癖がつきました

業種・業界を問わず、毎週ある企業の課題が示されます。
提示された課題に対し、「もし自分が~の社長なら」と、企業のトップとして1週間という制約の中、課題に対する意思決定=方向性を導いていく。情報収集、現状分析、問題抽出、課題解決策の立案、これらをクラスメイトとディスカッションしながら組み立てる。
以上を毎週繰り返す事で、ビジネス・プライベートを問わず、問題に向き合う姿勢に変化をもたらし、問題の大きさに打ちのめされる事なく、クリアするために「考える」という癖がつきました。

BBT大学院の教育はいかがでしたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
AirCampusでの議論は、自分のアウトプット力を高めてくれた

AirCampusでの議論では、クラスメイトの意見や多数のファクトに触れる事が出来ます。
自分自身もファクトベースで意見を発信する必要があるため、慣れないうちは苦労もありましたが、在籍期間を通して自信を持って自分の意見を発信する事が出来るようになり、他者の意見も取り入れ結論を導き出す事が出来るようになりました。

仕事・家族(プライベート)・学びをどうバランスさせましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
仕事・プライベート・学びの全てに、月間計画・週間計画を立てた

出張や会食で思うように就業後の学びの時間を取れない事もありましたが、エクセルや手帳に「今月やる事」「今週やる事」と仕事・プライベート・BBTで分けて書き出し、ひとつひとつ達成していく感覚で進めるようにしておりました。
バランスのコツは、多数やる事があっても「今取り組んでいる事に集中」する事です。やる事・やらなければならない事は書き出して管理し、頭の中を散らかさずシンプルにしておく事で同時進捗をしておりました。

BBT大学院で学ぶにあたって一番苦労した点を教えてください
> この質問に対する他の人の回答を見る
仕事が終わった後の勉強 スマホで解決

入学当初はPCで受講・ディスカッションの投稿をしておりましたが、出張の機会も多く環境が変動する事もあり、勉強のリズムが作れずにおりました。スマホで移動時間を生かし取り組むように変えてからは、日々のアウトプット数も安定し乗り越える事が出来ました。

学んだことが実践でどう活きていますか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
AirCampusでの学びはビジネスに直結する

BBT大学院では、現状分析から問題解決までのアプローチを徹底的に学びます。
このアプローチを繰り返し学んだ結果、問題の本質をファクトベースで考える癖が付きました。
今まで複雑に見えた問題をシンプルに捉える事が出来、目的本位の行動が取れるようになっています。以上が実践で活かせていること、最大の収穫であると思います。

BBT大学院はあなたにどのような変化をもたらしましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
物事をファクトベースで考えるようになった

入学前と比べ、「こうあってほしい」「こうなってしまうかもしれない」など、願望や不安という感情ベースで動き結論を出してしまう事が減りました。以前より物事をクリアに、客観的な事実に基づいて考え、仕事を進める事が出来ています。
また問題に向き合う姿勢・マインドの面ではプライベートにおいても変化があり、困難に思える問題があっても、RTOCSのように客観的に事実を並べて問題点を把握し、解決策を考えるようにしています。これにより「余裕」をもった行動が取れるようになりました。

今後の夢や目標をお聞かせください
> この質問に対する他の人の回答を見る
学ぶ習慣とあきらめないマインドを継続し、未来をより良いものにする

未来の目標や夢、将来の理想的なあり方に向かっていくために今が有ると信じ、学ぶ習慣を継続します。
仕事、勉強、プライベートにおいて、難解な問題に直面しても、あきらめる事なく向き合う自分でいたいと考えています。

最後に、入学を検討している方に一言お願いします
> この質問に対する他の人の回答を見る
「やってみる」価値は大きいと思います!視野が広がります

迷いながらも入学に踏み切り、入学後もやはり、優先度やタイムマネジメントに迷いながらBBT大学院での学びを進めました。
それでも結果としてMBAの取得に至り、入学当時と比較し仕事での成果や報酬が飛躍的に向上しています。
「やってみる」価値は大きいと思います!!

パーソナルデータ
条件を変えて検索する
専攻/コース
経営管理コース
性別
男性
文系/理系
文系
年代(入学当時)
20代
業種(入学当時)
金融・証券・保険
職種(入学当時)
営業・販売
学ぶ目的(入学当時)
経営者
都道府県
大阪府
説明会参加
参加しなかった
入学年次
2016年 秋期
役職(入学当時)
管理職
在学中の学習時間(1日あたり)
2時間
業務終了時間(入学当時)
18:00~19:00
仕事の忙しさ(入学当時)
比較的多忙でした
卒業にかかった年数
3年
在学中・卒業後の変化
昇進した,年収が増えた
条件に似たロールモデル
藤木敏治
30代
公務員
業種
公務員(教員を除く)
職種
技術・設計
社会問題を解決するために、本質的な問題解決方法を学びたい。
佐藤伸広
30代
グローバルに展開する製造業のIS機能会社(入学時はシンガポールに出向中) 従業員 約900名
業種
情報処理・SI・ソフトウェア
職種
情報処理・情報システム
グローバルな市場で負けない人材になりたい
小林健吾
30代
Sansan株式会社
業種
情報処理・SI・ソフトウェア
職種
その他
BBTでの学びが、夢を目標に変えた
高藤公尚
30代
北関東のスーパー最大手
業種
飲食・宿泊・卸・小売(商社含)
職種
営業・販売
自信がない自分を変えたかった