ビジネス・ブレークスルー大学大学院 自分の将来の道標となるロールモデルを見つけましょう
掲載MBA ホルダー総数
338
2019年 春修了
15名掲載
BACK
最高の経営者から最高の経営を学び、競争社会のシリコンバレーから日本企業とのコラボを果たし、シリコンバレーと日本の架け橋になりたい
金倉佐知子
中堅規模の監査法人
現在の仕事の内容を交え、簡単な自己紹介をお願いします。
> この質問に対する他の人の回答を見る
シリコンバレーの半導体スタートアップ企業に勤務。日本市場への上場準備に従事

約20年前にシリコンバレーで知り合った台湾生まれの日本人が3年前に3度目のスタートアップをしました。2社目のスタートアップ時に入社した主人は、20年前から、シリコンバレーで、「世界初」「世界一」という挑戦を繰り返してきており、そんな主人に魅せられ、私も同じ会社に入社。2社目は、NASDAQ上場を果たし、今回の3社目は、外資系企業として日本市場の上場を計画しています。米国公認会計士としての経験と、BBT大学院で学んだ経営のスキルを生かして日々上場準備に忙しくしている毎日です。

MBA取得をしようとしたきっかけを教えて下さい
> この質問に対する他の人の回答を見る
競争の激しいシリコンバレーで競争力をつけたかった

シリコンバレーは、超高学歴の人たちが世界中から集まってきています。日本一、台湾一、中国一という大学出身の人たち、大学院卒、博士号の人たちに囲まれ、USCPAの資格を取得後、私にとってMBAは最低限必要な学歴でした。

BBT大学大学院に決められた理由は何でしょうか
> この質問に対する他の人の回答を見る
同じ学ぶなら最高の経営者(大前学長)から学びたかった

MBAの取得を考えた時、シリコンバレーの大学に入学することも考えました。あちこちの大学のパンフレットを取り寄せ、検討を重ねる中、アメリカの大学でも松下さんや本田さんのことも教えると聞き、日本の大学で教えてくれるところはないかと探し始めた中、大前さんが大学を開設したことをネットで知りました。同じ経営を勉強するのなら最高の経営者から学びたい、という思いがあり、大学から経営を学ぶことにし、BBT大学2年生に編入。その後、大学4年生で大学院1年生を並行して学ぶカリキュラム(学部・修士一貫教育制度)を受講することにしました。

苦手な科目はありましたか?その科目は何ですか?また、それをどう克服しましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
テキストとにらめっこの毎日だった『統計解析』

Windowsが英語環境なので、Excalを使う際、一つひとつの数式がMenuのどこに該当するかを翻訳し直しながら受講するのが大変でした。日本語でも聞いたことがない専門用語で、英語なら尚更使ったことがない機能だったため、日本語のテキストとにらめっこしながらの小テスト、最終課題を提出しました。

一番タメになった科目は何ですか?その理由も教えてください
> この質問に対する他の人の回答を見る
発想力を訓練する『イノベーション』。目からウロコの楽しい時間を過ごせた

学長から直に、イノベーションの手法を一つひとつ事例を通して学ぶ、まさに目からウロコの講義でした。その発想を生かして、イノベーションの事例を見つけたり、自分でイノベーションを考えたり、という課題は慣れていない発想法だっただけに大変でした。しかし、「これは、この発想から出てきているイノベーションなのではないか」と発見できた時は、とても嬉しかったです。この講義は、私の人生の中で得た最高の宝の一つです。

BBT大学院の教育はいかがでしたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
最高の教育を遠隔で受講できて大満足

通学しなくても、最高の経営者から講義を拝聴できる、というのは何よりのメリットであり、私は大満足しています。また、そこに集まる学生の皆さんは、まじめに経営を学ぼうとしている方ばかりで、クラスメートからの刺激もあり、オンラインで受講していることを忘れるくらい活発な議論で、刺激をいっぱい頂きました。卒業式で初めてお会いした人はたくさんいたのですが、初めてとは思えないくらい、「共に頑張った感」を分かち合えることが出来て、最高の友達にも巡り合えることが出来ました。

仕事・家族(プライベート)・学びをどうバランスさせましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
プライベートは犠牲に。仕事を辞めたら本末転倒だと思い頑張った

経営を学ぶのに仕事を辞めたら本末転倒だと思い、仕事がどんなに忙しくても与えられたことはきちとんとやってきました。限られた時間と体力の中で、学びの時間を捻出するためには、家族との時間、寝る時間、遊ぶ時間、休む時間を削らざるを得ませんでした。主人は、「せっかく入学したんだから、家に帰ってきたら、勉強に専念していいよ」と言ってくれ、家事を引き受けてくれました。主人が掃除している間に課題を提出したり、食事の準備をしてくれている間に投稿したりしました。週末はたまっている講義の拝聴でしたので、支え、励ましてくれた主人には感謝です。

BBT大学院で学ぶにあたって一番苦労した点を教えてください
> この質問に対する他の人の回答を見る
学ぶ時間の捻出。Full time studentじゃないだけに苦労した

ただでも忙しい会計事務所で働いておりましたので、繁忙期は週80時間は働いていた上、出張も多く、とにかく学ぶ時間を捻出することが最大の課題でした。移動時間やトイレに行く時間などに、課題や投稿のアイデアを考えるという毎日で、「常に考える」日々でした。空いている時間に一気に課題を仕上げたりしていたため、タイピングのし過ぎでけんしょう炎を患い、仕事や課題の締め切りに追われる毎日から、帯状疱疹も煩いました。半端なく忙しい毎日でした。

学んだことが実践でどう活きていますか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
世界一、世界初をチャレンジするスタートアップ企業で、CEOと活発に議論

会社を過去に3つも成功させている今のCEOから仕事のOfferをもらい、転職したのは卒業を前にした10月でした。今後、どのように会社を大きくしていくか、という議論をCEOと活発に行っています。

BBT大学院はあなたにどのような変化をもたらしましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
物事の本質を見極めようとする癖がついた

情報化社会の中でいろいろな情報が飛び交いますが、どんな情報が届いても、まずは整理してみる、というように論理的に物事を扱えるようになりました。今はスタートアップ企業で働いておりますので、競合の動きだけではなく、SalesからのForecastなどを見極めていくためにも、自分でFactを集めて裏づけを取ろうという思考回路になりました。

今後の夢や目標をお聞かせください
> この質問に対する他の人の回答を見る
日本市場で上場。シリコンバレーと日本の技術の架け橋になりたい

シリコンバレーの外資系企業の技術と、日本の老舗企業の技術をコラボさせて、世界一、世界初の技術、製品、商品を作りたいと思っています。日本市場で上場を果たした後は、日本企業の事業部買収や技術提携など、活発に動き、シリコンバレーと日本の架け橋になりたいと思います。

最後に、入学を検討している方に一言お願いします
> この質問に対する他の人の回答を見る
検討している時間が勿体無い。絶対に学んで良かったと思えます

大学や大学院を、Full time student として検討しているわけではない方にとっては、「今から勉強を再開?」と思うのも分かります。仕事や家庭、いろいろな理由がおありでしょうし、勉強する時間を捻出する自信がない方もいっぱいいらっしゃると思います。でも、入学してしまえば、クラスメートが励みになりますし、講義が楽しくて、なんとかなっていきます。検討している時間が勿体無いと感じるくらいです。ぜひ、挑戦をお勧めします。

パーソナルデータ
条件を変えて検索する
専攻/コース
経営管理専攻
性別
女性
文系/理系
文系
年代(入学当時)
40代
業種(入学当時)
コンサル・会計・法律関連
職種(入学当時)
専門職(会計関連)
学ぶ目的(入学当時)
体系的な経営スキル
都道府県
海外
説明会参加
参加しなかった
入学年次
2014年 春期
役職(入学当時)
専門職
在学中の学習時間(1日あたり)
4時間
業務終了時間(入学当時)
20:00~21:00
仕事の忙しさ(入学当時)
多忙でした
卒業にかかった年数
2年
在学中・卒業後の変化
転職した,年収が増えた
条件に似たロールモデル
泉さやか
40代
国内電機メーカー
業種
製造業
職種
その他
自分に限界を感じた時に、集中的な学びで突破力を掴みたかった
藤田直之
40代
株式会社 日立製作所
業種
製造業
職種
営業・販売
サイバー空間ですが、クラスメートとの絆ができ、集団で知が得られます
内海智仁
30代
ヤマハ発動機㈱
業種
機械・重電
職種
技術・設計
リーマンショックを機に会社に寄りかかれない時代が到来したと感じた。
新田知広
30代
不動産サービス系企業(一部上場)
業種
不動産
職種
営業・販売
経験・OJTに頼るスキルアップに限界を感じ、体系的に学びたかった