ビジネス・ブレークスルー大学大学院 自分の将来の道標となるロールモデルを見つけましょう
掲載MBA ホルダー総数
313
2018年 秋修了
7名掲載
BACK
社会人10年目になり、いい意味でも悪い意味でも出てきた「慣れ」。さらなる成長機会を社外に求めた
鈴木健
大手教育サービス
現在の仕事の内容を交え、簡単な自己紹介をお願いします。
> この質問に対する他の人の回答を見る
大手教育サービス会社にて、マーケティング・企画業務を担当。教育の力で世界をよりよくしたい

高校時代から働くのであれば「教育」のフィールドと決めていました。
教育の力で社会を動かし、世界をよりよくすることに貢献したいという想いで仕事をしています。
入社から現場一筋でしたが、現在は、本社にてマーケティング・企画業務をしています。

MBA取得をしようとしたきっかけを教えて下さい
> この質問に対する他の人の回答を見る
社会人10年目の「慣れ」を感じ、さらなる成長機会を社外に求めた

社会人になって10年が経ち、よくも悪くも「慣れ」を感じてきていました。
さらに成長していくためには、社外の大きなキッカケが必要と感じました。
また、社会をとりまく仕組み、特に政治・経済をより深く理解し、さらに高い結果を出すことのできる力を身につけたいと考えてMBA習得を決意しました。

BBT大学大学院に決められた理由は何でしょうか
> この質問に対する他の人の回答を見る
Air Campusなど、働きながら学ぶための環境、効率的に学ぶ仕組みが工夫され優れていたため

働きながら学ぶための環境や、効率的に学ぶ仕組みが工夫され優れていたことと、科目内容や教授陣が非常に魅力的だったからです。特にAC(Air Campus)は他の大学院には決して真似できない仕組みであり、限られた時間で効率的に濃い学びをするために考えつくされた道具であると思いました。

苦手な科目はありましたか?その科目は何ですか?また、それをどう克服しましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
「アカウンティング」などの財務・会計科目。教科書の読み込み、講義視聴、質問を繰り返し克服した

アカウンティングやファイナンスなどの財務・会計科目は、これまでほとんど学んだことも、仕事で扱ったこともない内容でしたので、非常に苦労しました。教科書を何度も読んだこと、授業を何度も視聴したこと、ポイントをノートでまとめたことなどをベースに、理解ができないことはクラスメイトや先生方に積極的に質問することで克服しました。理解できると大変面白い科目になりました。

一番タメになった科目は何ですか?その理由も教えてください
> この質問に対する他の人の回答を見る
学長科目の「経営戦略」や「イノベーション」、「問題発見」「問題解決」。考えるクセがついた

やはり、大前学長の経営戦略やイノベーション科目と、問題発見・問題解決の科目です。大前学長の講義は、特にRTOCSが総合的な実践力をつけるために大きな効果があったと思います。卒業後も、常に「自分だったらどうするか」を考えるクセがつきました。問題発見・問題解決はそれぞれ様々なフレームワークをつかいながら、筋道を立てて論理的に問題を解決していく方法を体系的に学ぶことができました。

BBT大学院の教育はいかがでしたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
世界中の優秀なクラスメイトとの出会いや切磋琢磨の学び合いは一生の財産に

総合的に大変満足できる内容でした。想像していたよりも満足度は高かったです。学ぶ内容や仕組みだけでなく、世界中の優秀なクラスメイトとの出会いや切磋琢磨の学び合いは一生の財産になったと思います。卒業後も学び続けることのできる環境も大変ありがたいです。

仕事・家族(プライベート)・学びをどうバランスさせましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
メリハリをつけるために、綿密に日々の学習計画を立て、どんなに忙しくてもそれを守る努力をした

メリハリをつけることが大切だと思います。そのためには、綿密に日々の学習計画を立て、どんなに忙しくてもそれを守っていく努力をしました。結果的に、そのような学習を2年間続けたことで、目標に対する実行力・忍耐力もさらに身についたと感じます。

BBT大学院で学ぶにあたって一番苦労した点を教えてください
> この質問に対する他の人の回答を見る
特になし。仕事と家庭のバランスなどは、クラスメイトとお互いに工夫例をシェアした

特にありません。強いて言えば、仕事や家庭とのバランスや時間のやりくりですが、これは入学前からある程度分かっていましたので、工夫した上で努力あるのみでした。この点は、クラスメイトも多かれ少なかれ同じような苦労をしていましたので、お互いに工夫例をシェアしたりもしていました。

学んだことが実践でどう活きていますか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
業務では近視眼的・対処療法的になることが少なくなり、これまでよりも広い視野を持てるようになった

経営について総合的・体系的に学んだことで、様々なビジネスを観る眼が変わりました。以前は表面的な物事しか捉えられていませんでしたが、ビジネスとして優れている点、課題点を考えることが増えました。また、自分の業務に関しても、これまでよりも広い視野で近視眼的・対処療法的になることが少なくなってきたと感じます。

BBT大学院はあなたにどのような変化をもたらしましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
学びは終わりのない修行。BBT大学院で学んだことで、学びが加速しより深まったことは間違いない

世の中を観る眼が変わったことです。これは終わりのない修行だと思っていますが、BBTで学んだことで、その学びが加速しより深まったことは間違いないと思います。学ぶことを完了させるのではなく、学ぶキッカケを与えてもらったという点でも、大きな出会いであったと思います。

今後の夢や目標をお聞かせください
> この質問に対する他の人の回答を見る
自分が納得できる成果をあげ続けていくこと。その結果として、社会に大きく貢献していくこと

さらに深い思考力・洞察力を磨いていくこと。それを実践の中で成果にできる行動力・忍耐力も磨いていくこと。常にMBAとしての自覚を持ち、学び続けていくこと。自分が納得できる成果をあげ続けていくこと。その結果として、社会に大きく貢献していくこと。

最後に、入学を検討している方に一言お願いします
> この質問に対する他の人の回答を見る
BBT大学院への入学は人生の大きな転機に。まずは一歩前に進んでみてはどうでしょう

何かを新しく始めるためには、大きな決断・勇気が必要だと思います。特にBBT入学は大きな人生の転機にもなることです。私もまったく同じ状況でした。いま、MBAを取得したBBTの先輩として私が言えることは、「迷ったらやってみる」「悩んだら進んでみる」ということです。迷った時にはまず一歩前に進んでみる、たった1つのそのことだけでも、もしかしたら人生にとっては大きな一歩になる可能性が秘められているかもしれません。皆様のご活躍を祈っています。

パーソナルデータ
条件を変えて検索する
専攻/コース
経営管理専攻
性別
男性
文系/理系
文系
年代(入学当時)
30代
業種(入学当時)
教育・人材サービス
学ぶ目的(入学当時)
体系的な経営スキル
都道府県
神奈川県
説明会参加
参加した
入学年次
2011年 秋期
役職(入学当時)
役職なし
在学中の学習時間(1日あたり)
4時間
業務終了時間(入学当時)
21:00~22:00
仕事の忙しさ(入学当時)
多忙でした
卒業にかかった年数
2年
在学中・卒業後の変化
変化なし
条件に似たロールモデル
原秀治
40代
経済団体(公益法人)
業種
その他
職種
企画・調査・マーケティング
経営者へのアドバイスが、MBA取得のきっかけに
百瀬雅之
40代
SABICイノベーティブプラスチックスジャパン
業種
製造業
職種
研究・開発
グローバル・プロジェクト・マネージメントに携わりたいという想い。
尾川慎
30代
株式会社コスモスイニシア(旧:株式会社リクルートコスモス)
業種
不動産
職種
情報処理・情報システム
日々の業務で自身の成長に鈍化を感じ、新たなチャレンジをしたいと思った
佐藤康夫
30代
中規模IT企業
業種
情報処理・SI・ソフトウェア
職種
情報処理・情報システム
独立をするために、不足している考える力を鍛えたかった。