ビジネス・ブレークスルー大学大学院 自分の将来の道標となるロールモデルを見つけましょう
掲載MBA ホルダー総数
307
2018年 春修了
20名掲載
BACK
BBTは自分の根本に変化をもたらすビジネススクール。一生持ち続ける何かを得られる場所でした
高橋元美
大手小売
現在の仕事の内容を交え、簡単な自己紹介をお願いします。
> この質問に対する他の人の回答を見る
広報/PR、つまり人々のマインドに影響を与える仕事に携わる

企業の製品やブランドを伝えていく広報の仕事に長年携わっています。これまでの約20年間で会社は数社変わりましたが、仕事はずっと広報です。自社の製品や企業姿勢についてよりよく理解してもらうこと、そして最終的には人々のマインドに変化をもたらすような影響を与えることが広報担当者のミッションです。主にメディアの方々とのやり取りが仕事になりますが、社内の意識を高めるインターナルコミュニケ―ションや、政府・行政との交渉を行うパブリック・アフェアーズなども、広報の仕事に含まれます。ですので、仕事はかなり広い範囲をカバーし、社内のあらゆる部署とつながりつつ、情報の整理と編集を行います。私は数年前に管理職になるまでは、現場での対応を中心に行ってきましたが、管理職になってからは、企業コミュニケーションの戦略の策定とチームマネジメントを中心に行っています。

MBA取得をしようとしたきっかけを教えて下さい
> この質問に対する他の人の回答を見る
起業するための経営スキルを身につけたかった

入学当時は、どちらかというと、MBAを取得することが最終目的ではありませんでした。それよりも、起業するために大前先生の考えを身につけ、経営のスキルを学ぶということが私のゴールでした。その結果としてMBAをいただいた、と言った方が私の場合はより正確です。もちろん、多額の自己投資をするわけですから、見返りとして学位はあればそれに越したことはないですが、本気でMBAを意識し始めたのは卒業研究に着手した3年目になってからです。最終年に事業計画書を書き始めて、初めてMBAを手に入れたいと意識し始めました。結果的には、大前先生のスピリットを経験し、ほしい学びをすべて手に入れることができ、その結果MBAもいただけたので、ベストの結果に落ち着けたと思っています。

BBT大学大学院に決められた理由は何でしょうか
> この質問に対する他の人の回答を見る
経営についての学びを模索する中、幸運にも、大前先生に出会ってしまった

長年、企業の広報に携わってきていたにもかかわらず経営に疎く、いつかは起業したいと思っていたので、「経営を理解する力」を身につけたいと思っていました。当初は海外のビジネススクールを探していましたが、自分の生活スタイルや収入に合う学校をなかなか見つけられずにいました。そんな矢先に偶然、大前先生の講演会に参加する機会がありました。恥ずかしいことに、その時まであまり大前先生のことをよく知らなかったのです。この出会いは私の人生において大変大きく、先生の1時間の講演にすっかり魅了され、「ビジネススクールに行くならBBTだ」と、その日のうちに入学を決意したことを覚えています。あの時、ほんとうに偶然に大前先生に出会えたことに心から感謝しています。

苦手な科目はありましたか?その科目は何ですか?また、それをどう克服しましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
ファイナンス・アカウンティングなど数字系の科目で苦戦!

仕事で数字をあまり触らないため、アカウンティングやファイナンスではとても苦労しました。しかしそのおかげで、苦しい授業時ほど、クラスメートの存在がありがたいという貴重な経験をしました。クラスには、逆に数字が得意という方がいらっしゃいます。理系の方もいらっしゃいます。そういう方々に「Help Meサイン」を出して、週末にファミレスなどで一緒に勉強するなど、かなり助けてもらいました。この経験はとても貴重でした。BBTのクラスメートは積極的で前向きな方が多いので、知らなかったことや理解できなかったことを数多く学び、授業だけでは得られないリアルでの体験も得ることができました。また、自分の得意な科目においては、苦手なクラスメートに協力し、少しは貢献できたかと思います。クラスの多様性は本当に価値があったと思います。

一番タメになった科目は何ですか?その理由も教えてください
> この質問に対する他の人の回答を見る
「大前研一ライブ」、『イノベーション』、『問題発見思考』、『問題解決思考』でマインドが変わった

これらの授業は私の思考の仕方を変えました。私は入学する前は悲観的な性格でしたが、3年間の学びを通して、今は楽観的かつ前向きな性格になりました。仕事上の問題に直面しても、乗り越える方法があるということを学んだからだと思います。また、仕事だけではなく、生きる上でも追い詰められらた時、逃げずにどう解決するかを教えてもらったのが、これらの授業だったと思います。これはスキルを超えた本質的な変化であり、最も大きな収穫の一つでした。

BBT大学院の教育はいかがでしたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
最初は「AirCampus」に戸惑うも、楽しい3年間

最初はAircampusの使い方一つをとっても、IT音痴の私にとっては難しいハードルでした。しかし、事務局の方のサポートや、クラスメートの助けでBBTの特徴的な部分にも、数か月で溶け込んでいけました。授業はオンラインですが、休みの日にはリアルな場での会合や勉強会なども頻繁にあり、またBBT主催のイベントも数多くあって、とても楽しい時間でした。

仕事・家族(プライベート)・学びをどうバランスさせましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
「逃げ場」としてのBBTで心のバランスが保てた

仕事とバランスを取りながらきちんと勉強したのかというと、決してそうではなかったです。時間はあったはずなのですが、夜になっても勉強していないことはよくありました。なるだけ朝夕の通勤時間にモバイルで授業を見て、土日祝日に投稿するように努めました。けれども、授業を消化することが中心となり、決して十分な投稿やディスカッションができたわけではありませんでした。しかし、私にとってはBBTは心の支えだったので、仕事で悶々としている時の「逃げ場」のような存在でした。職場や会社の人間関係で納得いかないことがあるときに、BBTは私のネガティブな思考をポジティブに変えてくれました。その意味では、会社での仕事に追い詰められることなく、BBTで心の栄養をもらいながら、仕事を続けられました。私の場合は、「仕事・家族とBBTとのバランス」というより、「BBTのおかげで自身の心のバランスが保てた」と言えます。

BBT大学院で学ぶにあたって一番苦労した点を教えてください
> この質問に対する他の人の回答を見る
常に根拠を求められるディスカッションや投稿には思った以上に苦労した

『問題発見思考』や『問題解決思考』でロジカル思考を学ぶと言うことは、投稿も単なる感想や根拠を明確にしない意見を書かないということになります。この点が最も苦労しました。言いたいいことはあるけれど、それを支えるロジックやファクトが不十分で結局投稿できず、という苦々しい経験をたくさんしました。今から思えば、もっと根拠探しのための努力をするべきだったなと反省です。発言する際に、理由や根拠を明確にするロジカル思考は、最も苦労したことの一つですが、これこそがビジネスの根本言語であり、経営における不可欠のスキルだと思います。投稿する度に訓練させてもらっていただのだなと思います。しかし、この経験を活かして、仕事では今はまず「根拠」を探るようになりました。

学んだことが実践でどう活きていますか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
あらゆる場面で活かされているBBTのスピリット

思考自体が変わったので、仕事だけではなく生活においてもあらゆる場面で活かされています。あらゆる出来事を一歩引いて観ることができるようになりました。これはものごとを俯瞰し、冷静になることを意味します。これには、「長期で変化を見る」ことを学んだ問題発見思考のスタンスが活かされています。また、上司から与えられた課題に対し、こじんまりまとめようとするのではなく、これまでにないおもしろいアイデアはないかと常に意識するようになったのは、『イノベーション』で数々の手法を学んだからだと思います。そして、何よりも、課題に直面した時、表面的な現象を見るのではなく、その根源にある原因や理由を見つけて分析しようとするようになったのは、毎週「大前研一ライブ」を聞いていたからに他ならないと思います。

BBT大学院はあなたにどのような変化をもたらしましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
ものごとの見方、考え方が変わり、世界が異なって見えるようになった

何よりポジティブ思考になったことです。それは、ロジカルに物事を見ることができるようなったからだと思います。理由や原因がわからないでいると、悲観的になりがちでした。悲観的な思考の原因が、論理的に考えない自分の在り方にあるということも知りませんでした。でも、ロジカルに考えられるようになり、解決しようと決意したら、〝There is always a way” だと思えるようになり、解決方法を自ら探すようになりました。楽観的に努力することができるようになったのは、私の中での最大の変化です。

今後の夢や目標をお聞かせください
> この質問に対する他の人の回答を見る
これまでの学びと経験を活かして、将来的には起業したい

そもそも起業する上で大前先生の考えを学びたいと思ってBBTに入学したのですが、在学中に2回転職しました。その結果、起業する前に、今の会社で海外勤務を経験したいと思うようになりました。今の会社には、海外支社で働ける機会があります。まずは、グローバルリーダーとして、海外で何年か働き、その後、今の会社に少し恩返しをさせてもらった後で、起業したいです。これまで培ってきた広報の仕事と、BBTで学んだ経営のスピリットとスキル、海外支社での経験、これらすべてを融合させて、小さくてもいいので自分の会社を作り、社会に貢献したいと思っています。実現するのはいつかわかりません。でも、自分のペースで夢に向かって確実に進んでいきたいです。

最後に、入学を検討している方に一言お願いします
> この質問に対する他の人の回答を見る
BBTは単にビジネススキルだけを学ぶ学校ではない!

BBTは単にビジネスのスキルだけを学ぶ学校ではありません。ビジネスの精神からスキルまでを学ぶ場所です。その精神があって初めて、スキルは生きるのだと思います。もし、スキルだけを学ぶのであれば、もっと簡単にMBAを取れる学校は他にもあるでしょう。でも、ビジネスを学ぶ上で生き方や考え方を変えたいと思う人、スキルだけでは通用しない現実に対応するための本質を学びたい人は、BBT以外にはたしてふさわしい場所があるだろうかと思います。思考が変わると、人生の風景が変わるのです。すると自分の行動も変わります。私はこのような劇的な変化を40代後半で経験させてもらいました。勉強は大変だったし、消化不良に終わった科目もありました。成績も決してよくはなかったです。けれども、諦めないマインドや、在学中に得られたクラスメートは、一生の宝物です。今改めて、BBTに入学し、卒業できたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

パーソナルデータ
条件を変えて検索する
専攻/コース
経営管理専攻
性別
女性
文系/理系
文系
年代(入学当時)
40代
業種(入学当時)
その他
職種(入学当時)
経営企画・広報・宣伝
学ぶ目的(入学当時)
大前研一の問題解決能力
都道府県(現在)
東京都
説明会参加
参加した
入学年次
2012年 春期
役職(入学当時)
管理職
在学中の学習時間(1日あたり)
2時間
業務終了時間(入学当時)
19:00~20:00
仕事の忙しさ(入学当時)
比較的余裕がありました
卒業にかかった年数
3年
在学中・卒業後の変化
転職した,昇進した,年収が増えた
条件に似たロールモデル
加藤涼子
30代
従業員数500人規模の測定機器販売会社
業種
飲食・宿泊・卸・小売(商社含)
職種
営業・販売
社会の動きを正しく理解し、自分のやるべきことを見極めたい
本田英二
30代
日本ビクター株式会社
業種
製造業
職種
企画・調査・マーケティング
今の自分は、どこでもやっていけるのか?
成澤直己
30代
国内化学メーカー
業種
素材・エネルギー
職種
生産・製造
エンジニアとしての能力だけでは不足。経営力を身につけたい
佐藤伸広
30代
グローバルに展開する製造業のIS機能会社(入学時はシンガポールに出向中) 従業員 約900名
業種
情報処理・SI・ソフトウェア
職種
情報処理・情報システム
グローバルな市場で負けない人材になりたい