ビジネス・ブレークスルー大学大学院 自分の将来の道標となるロールモデルを見つけましょう
掲載MBA ホルダー総数
329
2019年 春修了
15名掲載
BACK
日本人のアイディンティティを持ちながら、多様な文化を受容し変革的な組織を生み出すグローバルビジネスリーダーになるために入学を決意
鷲辺秀宣
損害保険ジャパン日本興亜株式会社
現在の仕事の内容を交え、簡単な自己紹介をお願いします。
> この質問に対する他の人の回答を見る
最後のフロンティアと呼ばれるアフリカにおける自社の中長期戦略を描いています

現在は南アフリカのヨハネスブルグで勤務しており、アフリカ53カ国を担当しています。それ以前はインドネシアの現地法人で営業を管掌、インドでは新プロジェクトの立ち上げ等、気がつけば会社人生の三分の一を海外で過ごしていることになります。大企業に入社した後、マニュアル通りのことはこなせるようになりましたが、海外に出て答えのない新しいプロジェクトを任された時に初めて、自分自身が「まじめな茹でガエル」として茹で上がってしまっていることに気づかされました。

MBA取得をしようとしたきっかけを教えて下さい
> この質問に対する他の人の回答を見る
社外にいる人生の師のようになりたい、と思いMBA取得を決意

MBAに対して何となく憧れのようなものはずっと持っていましたし、社内でも会社のMBA留学制度を利用してMBAを取得している先輩後輩が近くにいたことも刺激になっていました。本気でMBAに挑戦しようと思ったのはインドネシアで某自動車メーカーの現法社長から経営哲学を学び、自分もその方のような世界で戦うことができる日本人経営者になりたい、と思ったことがきっかけです。その師は現在向研会でもご活躍で、次の目標は向研会に入会することです。

BBT大学大学院に決められた理由は何でしょうか
> この質問に対する他の人の回答を見る
世界中どこにいても熱い議論を展開することができる

MBA取得を本気で決意した時は海外で生活していましたし、すでに管理職になっていたため、部下を放ったらかして2年間休職するという選択肢はあり得ませんでした。BBTは、海外どこにいても、しかも働きながらMBAが取得できると知り、すぐに入学手続きのためエッセイを書き始めました。実際入学したら、その日からAir Campusで熱い議論が展開されていて、そのまま逃げ出してしまおうと思ったほどクラスメイトの本気度が伝わってきました。入学した週は、ベトナムに代理店褒賞旅行に出向いており、初めてのRTOCS(Real Time Online Case Study)の課題をハロン湾の船上で提出したのは今でもいい思い出で、本当に世界のどこにいても学べるということを実感しました。

苦手な科目はありましたか?その科目は何ですか?また、それをどう克服しましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
論理的思考を試される科目

入学前に「ロジカルシンキング」という名称がついたビジネス書籍を何冊も読んでいたため、論理的思考はすっかり身についているものと勝手に思い込んでいました。入学初日から始まった講義映像に魅了されつつも、教授から例題を出されて「ほな、考えてみてや」と言われてから講義に戻るまで何時間という時間を要したことも多々ありました。論理的思考は車の運転と一緒で、教則本を何冊読んだとしても、実際に脳を使って考えないと全く身につかないことを思い知らされました。

一番タメになった科目は何ですか?その理由も教えてください
> この質問に対する他の人の回答を見る
一番タメになり、そして一番時間を費やしたRTOCS

一番タメになり、そして一番時間を費やしたのがRTOCSです。RTOCSでは、ありとあらゆるフレームワークを用いてその会社の本質的問題を洗い出し、その課題に対して最適な戦略案を右脳と左脳をフル回転させて結論を導き出しますが、回数を積むごとに大前学長が提示する回答に近い結論が出せるようになり成長を実感することができました。入学当初、40時間費やして出した結論に対しTAから「1週間考えてその結論ですか?」とたった一言のコメントをいただいた時、本気でBBTを辞めようと思いましたが、今では常に自分自身にその一言を問うようにしています。

BBT大学院の教育はいかがでしたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
よき師よき友、そしてよきスタッフの方々に支えられ充実した学びが得られた

仕事が多忙な時など徹夜を強いられ何度も挫けそうになりましたが、やはり教授陣からの厳しくも暖かいメッセージや、クラスメイトの活発な議論に巻き込まれ、逃げ出すわけにはいきませんでした。議論への参加が疎かになるとスタッフの方々が個別にメールで応援してくださり、勇気をいただきました。自分一人では決してできない充実した学びを、よき師よき友、そしてよきスタッフの方々に支えられ得ることができました。

仕事・家族(プライベート)・学びをどうバランスさせましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
部下たちの新しい何かを学ぶ文化が醸成されていったことに助けられ、学びの時間が確保できた。

入学当時、インドネシアで130名の部下をマネージしていました。出張も多く、正直多忙な毎日で、食事をするときも出張等の移動の時も常に講義映像を見たり課題図書を読むなど、空き時間は全てBBTの学びの時間に充てていました。その姿を部下が見ていてくれていたためか、彼らの間で自然と新しい何かを学ぶ文化が醸成されていったの同時に、自立心が芽生えたせいか彼らの「相談」が「提案」に変わっていきました。結果として部下との対話の時間は短縮化されたものの、より濃厚な議論が展開できるようになり実績にも繋っていきました。学びの時間が確保できたのは優秀な部下たちに助けられたおかげで、真っ先にMBA取得の報告をしました。

BBT大学院で学ぶにあたって一番苦労した点を教えてください
> この質問に対する他の人の回答を見る
戦略の結論が導き出せない

大企業に入社しこれまで自分自身で経営課題を洗い出し戦略案を結論づけることなど全くしてこなかった自分にとって、「あなたが経営者だったらこの会社をどうするか」といきなり言われても、はじめは正直「どうすればいいかわからない」というのが本音でした。しかしBBTの学びを進めていくにつれ、クラスメイトのイノベーティブな結論にも触発され、「もっとイノベーティブな結論を出さねば」と思うようになりました。右脳で考え抜いても左脳が冷静にブレーキをかけ結論を導き出せず、明けていく空を見上げて「もう、嫌だ」と悲嘆に暮れた日々もありましたが、そのおかげで自分自身で戦略案を描けるようになりました。

学んだことが実践でどう活きていますか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
RTOCS手法を用いることで中長期な戦略を自ら描き、実践に移すことができるようになった

日々の業務において問題は常に山積していますが、その問題を論理的思考で整理して本質的問題を導き出すことが容易にできるようになりました。また、RTOCS手法を用いることで中長期な戦略を自ら描き、様々な部署を巻き込んで実践に移すことができるようになったのもBBTの学びが活きていると実感しています。

BBT大学院はあなたにどのような変化をもたらしましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
「目に見えない一人でも多くの誰か」の役に立ちたい、と思うようになった

入学する前は自分の会社や部下、自身のお客様といった「目に見える誰か」のために役に立ちたいという思いはありましたが、BBTの学びを通じて「目に見えない一人でも多くの誰か」の役に立ちたいという思いを強く持つようになりました。その思いを実現させるためには、教授陣がよく仰っていたように「さっさと起業しちゃえばいい」のでしょうし、そのコメントが常に頭の中でリフレインされています。その時に向けて卒業後もクラスメイトと情報交換しながら準備を進めています。

今後の夢や目標をお聞かせください
> この質問に対する他の人の回答を見る
日本人のアイデンティティを持ちつつ多様性を受容し変革的組織を生み出すグローバルリーダーに

インド、インドネシア、アフリカ諸国でビジネスをさせていただいて感じたことは、いずれの国も目覚ましいスピードで成長しているという事実と、それに反して経済成長の勢いを取り戻せない日本において、多くの企業がこれまでの常識に捕らわれた社風をブレークスルーできていないという現状です。日本人の日本人による日本人のためのグローバル企業は、競争力を失う一方で、外国人経営プロを三顧の礼で迎え入れても長期的に成功している企業の実例は数える程度しかありません。そんな先の読めない時代だからこそ、日本人としてのアイディンティティを持ちながら、多様性を受容し変革的な組織を生み出すグローバルビジネスリーダーになるべく、自己研鑽を続けていきたいと考えています。

最後に、入学を検討している方に一言お願いします
> この質問に対する他の人の回答を見る
今すぐBBTに入学することをお勧めします!

私自身も勉学と仕事が両立できるか悩み悩んでBBTの門を叩きました。卒業した今振り返ると、「何でもっと早く入学しなかったんだろう」という気持ちでいっぱいです。なぜなら、BBTの学びでは日々の仕事に即使える知識を習得でき、かつ「本質的な問題」を捉えるための考え方を学ぶため、日常業務が信じられないほど思い通りに進められるようになるからです。仕事と両立できるか悩んでいる方こそ今すぐ入学されることをお勧めします。

パーソナルデータ
条件を変えて検索する
性別
男性
文系/理系
文系
年代(入学当時)
40代
業種(入学当時)
金融・証券・保険
職種(入学当時)
営業・販売
学ぶ目的(入学当時)
起業/新規事業
都道府県
海外
説明会参加
参加しなかった
入学年次
2016年 春期
役職(入学当時)
管理職
在学中の学習時間(1日あたり)
4時間以上
業務終了時間(入学当時)
21:00~22:00
仕事の忙しさ(入学当時)
多忙でした
卒業にかかった年数
3年
在学中・卒業後の変化
昇進した,年収が増えた
条件に似たロールモデル
長島英治
30代
ベンチャー不動産投資顧問会社
業種
不動産
職種
経営
小さくまとまっている自分に不安を感じる日々だった
米川康
30代
明治コンサルタント株式会社
業種
建設
職種
技術・設計
会社の将来に不安を。乗り越えるために経営について学びたかった。
中村忠司
40代
アストラゼネカ株式会社
業種
食品・医療・化粧品
職種
営業・販売
厳しくなる業界に危機感を感じ、自分の何かを変えなければならないと考えた
高岡真一
20代
大手コンサルティングファーム
業種
コンサル・会計・法律関連
職種
情報処理・情報システム
MBA取得を通じて、活躍できる舞台を広げたかった。