ビジネス・ブレークスルー大学大学院 自分の将来の道標となるロールモデルを見つけましょう
掲載MBA ホルダー総数
307
2018年 春修了
20名掲載
BACK
24時間365日開講していること。講義内容がその日から使える実践的なプログラムだったことが決め手。
瀧澤雄一朗
大手テーマパーク事業
現在の仕事の内容を交え、簡単な自己紹介をお願いします。
> この質問に対する他の人の回答を見る
大手テーマパークの人事部門に所属し、アルバイト従業員の採用、人事管理、労働力最適化を担当。

大手テーマパークの人事部門に所属し、アルバイト従業員の採用、人事管理、労働力最適化を担当しています。大学卒業後、現在の会社に入社して約15年になりますが、テーマパークのオペレーション部門、マーケティング部門を経験し現在に至ります。

MBA取得をしようとしたきっかけを教えて下さい
> この質問に対する他の人の回答を見る
単科講座「問題発見必須スキルコース」を受講して、最適解を導く大切さを学んだ。より幅広い知識とスキルを身につけたいと考えた。

ビジネス・ブレークスルー大学の単科講座「問題発見必須スキルコース」を受講して、学びを仕事で実践して結果を出せるようになり自信が生まれ、かつ、自分の頭で最適解を導く大切さを学びました。問題発見というビジネス力の基礎体力を身につけたことで、次はより幅広い知識とスキルを身につけたいと考え、MBA取得を志しました。

BBT大学大学院に決められた理由は何でしょうか
> この質問に対する他の人の回答を見る
24時間365日開講していること。講義内容がその日から使える実践的なプログラムだったこと。

通学を伴わない遠隔教育であることと、実践的なプログラムであることです。
働きながら学びを継続するには時間管理が重要だと考えました。通学形式だと決められた日時に決められた場所に移動しなければならず、それが私にとっては大きな制約だったため自分で場所も時間も決められる(24時間365日開講している)BBT大学院を選択しました。また、多くの講義は、大前学長をはじめとするビジネスの最前線で活躍されている方が教鞭をとってくださり、その講義内容もその日から使えるものであるという実践的なプログラムだったこともBBT大学院を選んだ大きな理由です。

苦手な科目はありましたか?その科目は何ですか?また、それをどう克服しましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
アカウンティングとコーポレート・ファイナンス。クラスメートとのディスカッションで徐々に苦手意識がなくなった。

「アカウンティング」と「コーポレート・ファイナンス」が苦手でした。しかし、講義を受講した後、自分なりに理解したことと疑問点をAirCampus上に書き込み、それをクラスメートとディスカッションすることで徐々に苦手意識がなくなりました。クラスには様々な業界で活躍する仲間がいるため、それぞれが自分の得意分野の知識や経験を使ってディスカッションすることで全員が切磋琢磨できたと思います。

一番タメになった科目は何ですか?その理由も教えてください
> この質問に対する他の人の回答を見る
RTOCS。自分の頭で考えて、仲間と実行すれば大抵のことは乗り越えられるという自信に繋がった。

大前学長の担当科目で取り組むオリジナルのケース・メソッド「RTOCS(Real Time Online Case Study)」です。ビジネスに限らず、政治、経済、外交、文化など、いままさに目の前で起きていることをテーマに「あなただったらどうするか?」というケーススタディを毎週1回、2年で約100ケースをこなしました。

この経験で、自分の頭で問題を正確に理解して結論を導き出すという、一人の人間が生きていく上で必須とも言える技術を学んだと思います。また普段の仕事をする上でも、自分の頭で考えて、仲間と実行すれば大抵のことは乗り越えられるという自信にも繋がったと思います。

BBT大学院の教育はいかがでしたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
ビジネスパーソンとしてだけでなく、一人の人間としての生き方を学んだ。

ビジネスパーソンとしてだけでなく一人の人間としての生き方を学んだと思います。在学中のすべての科目において、自分で考えて自分なりの答えを導き出すということをたたき込まれました。唯一の正しい答えなどない世の中で、自分の頭で事実を整理して自分なりの最適解を導くという考え方は、ビジネスだけでなく、家庭や生活において必要な技術だったと思っています。

仕事・家族(プライベート)・学びをどうバランスさせましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
1週間単位で自分のスケジュールを決めて学びの時間を捻出。受講する選択科目の数や時期を調整し、自分のペースを作った。

時間管理を徹底することで、仕事・家族・学びをバランスさせました。 1週間単位で自分のスケジュールを決めて、それを仕事仲間や家族にも周知させ、理解してもらうことで学びの時間を捻出しました。一方、仕事と家族の時間も重要なため、その時間を学びに充てたりしないよう、受講する選択科目の数や時期を調整するなど無理をせず自分のペースを作っていきました。

BBT大学院で学ぶにあたって一番苦労した点を教えてください
> この質問に対する他の人の回答を見る
ペースを守りながら学びを継続すること。ペースを崩したときは、思い切って少し休んでみたりも。

ペースを守りながら学びを継続することです。 入学直後は気持ちも高まっているため睡眠時間を削ってでも学びに打ち込んでいましたが、それを2年間続けるには気力と体力が必要だと思います。

体を壊したり、仕事や家族に影響を出してはならないため自分のペースをつかみ、規則正しい生活をすることが重要でした。それでも2年のうちでペースを崩すときもあるので、その場合は思い切って少し休んでみたりしました。しかし、AirCampusでは常に同志であるクラスメートが頑張っているため、その様子を見るとすぐにまた「自分も頑張ろう」と奮起して、入学時と同じ気持ちで再開できたように思います。

学んだことが実践でどう活きていますか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
複雑な状況や難易度の高い業務にも動じなくなった。自分の部下や仕事仲間ともに成長していると感じる。

仕事をする上で、複雑な状況に置かれたり難易度の高い業務を任されてもあまり動じなくなりました。事実に基づいて問題を整理し、社内外の関係者と状況と解決の方向性を理解して、一緒に解決へ向かうという流れはどんな場面でも同じであり、それが絶え間なく実践できるようになったと思います。またその様子を見たり経験することで、自分の部下や仕事仲間ともに成長していると感じます。

BBT大学院はあなたにどのような変化をもたらしましたか?
> この質問に対する他の人の回答を見る
一生学び続けるという姿勢が身についた。社会に貢献することが人が働く意味であり喜びではないかと思うように。

一生学び続けるという姿勢が身につきました。 仕事を一生懸命こなしながら、ひとつでもふたつでも新しい知識を得て、それをまた仕事に活かすというサイクルが自分にとって刺激的であり、その結果、社会に貢献することが人が働く意味であり喜びではないかと思うようになりました。これは、BBT大学院の学びが、常に実践に即しているからこそ感じられたことだと思います。

今後の夢や目標をお聞かせください
> この質問に対する他の人の回答を見る
問題解決者として、社内だけでなく社会に貢献したい。BBT大学院で学んだ者の義務だと思う。

BBT大学院では経営者の立場での問題発見と解決を学んできました。現在勤めている会社でも大なり小なり様々な問題があるため、経営上のインパクトが大きい問題をひとつひとつ着実に解決していきたいと思います。その上で問題解決者として、社内だけでなく社会に貢献したいです。BBT大学院で学んだ者の義務だと思います。

最後に、入学を検討している方に一言お願いします
> この質問に対する他の人の回答を見る
BBT大学院で学ぶ事は人生を変える。正面から向き合って真剣に学んだ者だけが掴める「何か」が必ずある。

BBT大学院で学ぶ事は人生を変えると思います。量も質も高いレベルのカリキュラムのため正直キツイと思うことをもあるでしょう。しかし、それを乗り越えると、苦労に対して余りあるほどの知識と経験と自信が身につきます。

入学したあと怠惰に過ごすこともできます。しかし正面から向き合って真剣に学んだ者だけが掴める「何か」が必ずあります。「何か」は人によって異なるかもしれませんが、高い志を持った仲間が集まったBBT大学院に入学することは、人生を変えるほどの大きな機会だと思います。この機会に出会うタイミングは早いに越したことはありません。ぜひ、挑戦してみてください。

パーソナルデータ
条件を変えて検索する
専攻/コース
経営管理専攻
性別
男性
文系/理系
文系
年代(入学当時)
30代
職種(入学当時)
総務・人事・資材・購買
学ぶ目的(入学当時)
経営者
都道府県(現在)
千葉県
説明会参加
参加した
入学年次
2009年 秋期
役職(入学当時)
管理職
在学中の学習時間(1日あたり)
4時間
業務終了時間(入学当時)
18:00~19:00
仕事の忙しさ(入学当時)
比較的余裕がありました
卒業にかかった年数
2年
在学中・卒業後の変化
年収が増えた
条件に似たロールモデル
矢野成斗吏
30代
テルモ株式会社
業種
食品・医療・化粧品
職種
企画・調査・マーケティング
時差、場所に関係なくクラスメイトと学べる環境が保証されている
田邉善之
40代
パナソニックエコシステムズ株式会社
業種
電気・電子機器
職種
営業・販売
マネジメント力の不足を痛感したことがMBA取得のきっかけ
大芝義信
40代
株式会社グロースウェル
業種
情報処理・SI・ソフトウェア
職種
情報処理・情報システム
既存の枠組みに捕らわれずに、目的達成に必要な能力を学び続ける
道井将
20代
積水ハウス株式会社
業種
建設
職種
総務・人事・資材・購買
自分自身のスキル・キャリアプランを考えた際に自分自身の未熟さを痛感。